スタミナのない子供に持久力をつける食べ物

【ママからのご相談】
先日、小学校6年生の娘の運動会を見に行きました。普段からあまりスタミナがないとは思っていましたが、持久力がないのに驚きました。何か食べ物で改善できるようであれば教えてください。

a 持久力には鉄分を!

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

普段の生活では気が付かないことでも、運動会などの学校行事に参加すると、家庭では見られない子どもの変化に気づくことはよくあるようですね。

小学6年生の女の子ということなので、そろそろ生理が始まっているとか、ダイエットに気を使い始めたとか、そういったところからも考えてみたいと思います。

141009sayuri

鉄分不足が引き起こすのは貧血だけじゃない!

鉄分不足といえば一般的には貧血のイメージが強いと思われます。

しかし、鉄分は黄体ホルモンの分泌にも関わっていため、不足すると生理不順を招いたり、免疫力が低下したり、ものを飲み込むことが辛い、違和感があるなどの症状が起きることもあります。

むずむず脚症候群の一因にも鉄分不足は挙げられているほか、今回のケースのように持久力の低下の原因にもなります。

三大栄養素をバランスよく

炭水化物、脂質、タンパク質をまずはバランスよく食べさせること。三大栄養素はいずれもエネルギー源となるものです。

炭水化物は、パンや麺類など小麦粉を使ったものより、ご飯をしっかり食べさせた方が、血糖値の急上昇、急降下を防ぐことができるのでスタミナ維持にもいいでしょう。

今が旬! 秋刀魚も鉄分が豊富

小骨が多く、子どもには食べにくいかもしれないと思われる秋刀魚。骨ごとフードプロセッサーでミンチにし、丸めてあげたものを甘酢あんで絡めるなど、ちょっと工夫すれば子どもも喜んで食べてくれるでしょう。

もし子どもが魚のにおいを嫌うようであれば、2枚におろした秋刀魚に塩をふりかけ、10分ほどおいたあと、キッチンペーパーで水分を拭き取るひと手間をかけるだけで、魚臭さが随分と緩和されます。

そして、これから旬を迎える、れんこんや柿には、鉄分の吸収を高めるビタミンCが豊富に含まれています。これも欠かせない食材だと言えるでしょうね。

他にも、造血作用に欠かせないビタミンB群を多く含む豚肉や、鉄分・ビタミンB群ともに豊富なレバー類、油を使うのであればエネルギー代謝のいいココナツオイルを使ってみましょう。同時に、ビタミン類は腸内でも作られるので、腸内環境を整えるために、発酵食品や食物繊維の多いものをしっかり食べさせてあげるといいでしょう。
                                   
【関連コラム】
「まごわやさしい」を覚えよう! バランスのいい食事のヒント
“貧血”の症状と対策に必要な栄養素
運動会で我が子に活躍して欲しい! かけっこが速くなるコツ3つ

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする