イギリス人の“紅茶”との付き合い方

【女性からのご相談】
紅茶が好きで、いろいろな紅茶を集めています。お気に入りの紅茶を入れて飲む時間はなにより幸せです。イギリスといえば紅茶のイメージですが、実際にイギリス人は紅茶をよく飲むんでしょうか。

a イギリス人は1日に平均3杯は紅茶を飲んでいます。

ご相談ありがとうございます。ママライターのbluegreyです。

イギリスといえば紅茶、アフタヌーンティーなどがやはり有名ですよね。では実際に一般的なイギリス人と紅茶の付き合い方はどのようなものなのでしょう。

140929blue

ティーバッグをクルクルが一般的

イギリスの国民健康サービスのサイトによると、イギリス人は平均毎日3杯の紅茶を飲んでいます。では、毎回ご相談者様のように、ティーポットにお気に入りの茶葉を入れ、丁寧に紅茶を入れているかというと……そうではないのが現実です。

イギリスで紅茶というと、ティールームなどに出掛けてクリームティーやアフタヌーンティーを楽しむ場合は別ですが、普段はほぼティーバックのブラックティーです。

カップにポンとティーバッグを放り込み、お湯を注いでスプーンでクルクルかき混ぜ、充分に濃くなったところでミルクを少し。お砂糖を入れる人、最近人気のダイエット甘味料を入れる人もいます。

「How would you like your tea?」と聞かれたら……

イギリス人のお宅にお邪魔すると必ず、「紅茶はいかが?」と聞かれます。

「いただきます」と答えると上記の、「How would you like your tea?」と質問をされます。「White, please」と言うと、「ミルクティーでお願いします」となります。

ミルクとティースプーン一杯のお砂糖を入れて欲しい場合は、「Some milk and one sugar, please」と答えます。この「ホワイト」という言い方はコーヒーにミルクだけを入れて欲しいときなどにも使えるので、覚えておくと便利です。

アフタヌーンティーよりクリームティーが一般的

アフタヌーンティーは、もちろんイギリスのホテルやティールームなどでメニューにあります。サンドイッチ各種にケーキ各種、お馴染みのスコーンにクロテッドクリーム&ジャムとボリューム満点なので、お茶というよりはランチやブランチに利用してもいいかもしれません。

一方でちょっとお茶がしたいときにイギリス人もよく利用するのが、カフェなどでもメニューにあるクリームティーです。クリームティーの内容はスコーン、クロテッドクリームにジャム、それにポットに入った煎れたての紅茶、というのが一般的です。

お値段もアフタヌーンティーに比べるとぐんとお手頃なので、イギリスにいらした際はぜひ美味しい紅茶と共に楽しんでみてくださいね。

【関連コラム】
イギリスの平均予算がスゴい! 子供の誕生日パーティーにかかる費用
イギリスで一番人気のあるスポーツと社会的背景
イギリスの結婚式ならではの特色4つ

●ライター/bluegrey(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする