寄附しながら名産品もゲット! おトクに節税できる「ふるさと納税」とは

【ママからのご相談】
共働きをしています。去年の納税額を見て、どうやったら節税できるのかなぁと考えるようになりました。せっかくなら、家族全員がうれしくなれるようなことで節税したいと思うのですが、何かいい方法はないでしょうか?

a 実質負担は2000円! 納税してふるさとの名産品をゲット!

ご相談ありがとうございます。故郷はないけど心の故郷はあるライターの川中です。

節税方法といえば医療費や住宅購入などいろいろありますが、条件が合わず……という方も多いはず。でも、誰でも簡単に楽しく節税する方法があります。

それは、『ふるさと納税』です!

140925kawanaka

自宅に居ながら故郷に納税して応援できる!

なかなか帰れない自分の故郷、おじいさんやおばあさんが住む町、旅行で訪れてほれ込んだ場所、震災などで被害にあった地域。応援したい地域はありませんか?

『ふるさと納税』は、そんな自分が応援したい市町村へ“寄附”ができる制度です。

なぜ納税ではないのに『ふるさと納税』という名前が付いているのでしょう?

それは、この制度を使用して寄付をした金額のうち、2000円を引いた金額のうち一定金額まで、税金の計算時に申告すれば、所得から控除できるためです。

結果的に応援したい地域に税金を納めたことになるため、ふるさと納税と名付けられています。

ふるさと納税で寄せられた寄付は、自治体ごとに適した使われ方をしています。どんな用途に使われているのかも公表されているので安心ですね。

自治体によっては驚くほど豪華な地元名産品を贈ってくれる!

「結果的に納税なら、お得ではないのでは?」と思うかもしれません。

でも、ふるさと納税で寄付をすると、自治体によってはふるさと納税の金額によって地元特産品を贈ってくれるのです。

たとえば、お米や肉、果物、アイスクリームなどのその地域ならではの名産品や工芸品、ゆるキャラグッズなど、さまざまなアイテムがずらりとそろっています。それも、自治体によっては、ちょっと考えられないほど豪華なブランド肉やブランド米などを選べるのですから驚きです。

その上税金が控除されるので、実質2000円で家族全員が楽しめる、最高の節税方法なのです。

申し込み方法は簡単! クレジットカードが使える自治体も

申し込み方法は自治体によって異なります。

基本的には寄付申請を行い、振込用紙などを送付してもらって、それを使用して郵貯などから振り込む形が一般的です。

最近では、申請書類をメールで送るだけで申請できたり、クレジットカード払いにも対応したりと、さらにふるさと納税がしやすくなった自治体が増えています。

しかも、ふるさと納税を行う先は1か所のみなどの規定はありません。さらには申告するときに金額をまとめることができるので、“所得によって異なる上限額までであれば、複数の自治体にふるさと納税ができる”というのもうれしいポイントです。


なかなか手に入りづらい名産品をゲットできるだけでなく、地域貢献ができるふるさと納税。お役所の手続きになるので、敷居が高く感じるかもしれませんが、申し込みは簡単ですし、確かな節税効果もあります。

愛する故郷で実施していないか調べて、ぜひチャレンジしてみてください。

【参考リンク】
ふるさと納税など個人住民税の寄附金税制 | 総務省

【関連コラム】
増税時にこそ考え直したい「家計」のやりくりポイント3つ
給料から天引きされる税金や社会保険料4選

●ライター/川中利恵(在宅ワーカー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする