逆DQNネーム増加中!? キラキラネームの実態と日常生活に与える影響

【パパからのご相談】
この秋に誕生予定の男の子の父親です。名付けに悩んでいます。

最近よく耳にする『キラキラネーム』『DQNネーム』に抵抗があり、古風な名前にしたいと考えていますが、逆に浮いてしまうのでは? と心配しています。

a 子どもが胸を張って名乗れる名前を付けよう!

ご相談ありがとうございます。ママライターの木村華子です。

おめでとうございます、赤ちゃんの誕生が楽しみですね。名付けは親が子どもに贈る最初のプレゼントです。

お子様がいつまでも喜んでくれる、ご夫婦にとって思い入れのあるステキなお名前にしたいですね。

「他には無い名前を!」と強く思うあまり、当て字や珍しい漢字・よみがなを使ってしまうキラキラネームやDQNネーム。

そんな名付けをする親の気持ちは分からなくもないですが、相談者様のように、「変に目立たせたくない」と考える方も多いのではないでしょうか。

最近では、「キラキラネームが就活にも響く」とも聞きます。お子様が一生、胸を張って名乗れる名付けをしたいものですね。

DQNネームの由来

lala_426720140921153047-thumb-815xauto-17827

今やすっかり世間に定着した“キラキラネーム”。この言葉はもともと“DQNネーム”と呼ばれていました。

ネット上では今でもよく使われる表現ですが、この“DQN”というのは、反社会的な行動や言動を取る人物のことを指します。

DQNの語源は、不良や暴走族を扱ったテレビ番組の名前からもじられたことが始まり。

さらに、暴走族は「走死走愛(そうしそうあい)」「夜露死苦(よろしく)」などの当て字を好みますが、このことから、当て字で付けられた名前を“DQNネーム”と呼ぶようになったようです。

キラキラネームの由来

woman-child-doctor-hospital-large

さて、そんな印象の悪い“DQNネーム”ですが、なぜ“キラキラネーム”というかわいらしい呼び方に変わったのでしょうか。

キラキラネームという言葉が誕生した経緯は不明とされていますが、一説には某育児雑誌が“DQNネーム”への偏見を懸念して命名したともいわれています。

今やテレビや育児サイトなど、表立って使われるのはこの“キラキラネーム”となっています。


余談ですが、キラキラネームの逆を指す“シワシワネーム”なる言葉も登場しています。古風な名前、昔ながらの名前に対して使われることが多いようです。

代表的な名前としては、

・○子
・○太郎

などがあります。普通の名前ですね。もはや何にでも“○○ネーム”と名付けられそうです。

キラキラネームやDQNネームといった言葉は、比較的最近できた言葉ですが、実は昔から突飛な名前の人は存在しました。

日本の大文豪である森鴎外は、自分の子に“杏奴(あんぬ)”や“類(るい)”と、海外でも通用するような名前を付けたと言われています。

また、1300年代に書かれたとされる『徒然草』の中では、当時の名付けの風潮に苦言を呈していたともされています。

つまりどの時代にあっても、常識では考えられないような珍奇な名前は存在していたのです。

キラキラネーム(DQNネーム)の基準

person-girl-cute-young-large

具体的に、キラキラネームやDQNネームと、普通の名前とでは何が違うのでしょうか。

もちろん明確な基準はありませんが、一般的には、

・一般常識では考えられない言葉を用いている
・アニメのキャラをもじっている
・外国人の名前をもじっている
・英語をもじっている
・一目では読めない

のような名前が対象とされることが多いようです。

しかし、昨今ではキラキラネームに対して敏感な人も多く、普通の名前でも少し読み方が難しいというだけで「キラキラ(DQN)ネームだ!」と主張する人もいます。

名前を付けるときのルール

pexels-photo-large-1

文字の制限

最近では自由に名付けがされるようになりましたが、それでも名付けのルールというものが存在します。

使用可能なものとしては、

・常用漢字
・漢数字
・人名用漢字
・ひらがな/カタカナ
・長音符号
・繰り返し記号

などがあります。一方で、

・アルファベット
・算用数字
・ローマ数字

などは使用不可となっています。また、“推奨されない文字”として、悪い意味を持つ漢字があります。

ご存じの方も多いと思いますが、この“推奨されない文字”をめぐって裁判が行われたことがありました。

それが、“悪魔ちゃん事件”です。

これは、1993年に“悪魔”という名前を疑問に思った行政側が受理を拒否した事件で、当時は相当話題を呼んだそうです。

結局、保護者側が似たような音の名前を提出して事件は終結しましたが、命名のあり方について考えさせられる一件ではないでしょうか。

届け出の方法

名付けのルールには、文字だけでなく時間の制限もあります。

名前は出生届と一緒に提出しますが、その期限は生まれた日から14日以内とされています。つまり、14日以内に名前を考える必要があるのです。

しかし、それでも名前が決まらなかった場合は、名前欄を空欄で提出することができ、決まり次第、追完届を提出します。

ちなみに、出生届は提出期限を過ぎると罰金が科せられるケースもあるので、注意が必要です。

2013年生まれの子の実態

140924kimurahanako

ネットなどで見かけるキラキラネームやDQNネーム。もちろん、全ての子どもがこのような名前になっている訳ではありません。

明治安田生命が毎年保険加入者を対象に行った名前の調査結果では、

【男の子】
・1位……悠真くん
・2位……陽翔くん
・3位……蓮くん

【女の子】
・1位……結菜ちゃん
・2位……葵ちゃん
・3位……結衣ちゃん

でした(2013年生まれ)。

確かに「最近の名前だな〜」といった印象ではありますが、キラキラネームやDQNネームと呼ぶには良い意味でインパクトに欠けている名前ではないでしょうか。

【2015年版】キラキラネームランキング

160912kirakira3

名前診断などのサービスを提供している『赤ちゃん名づけ』によると、2015年の上位3つは以下の通り。

・1位……皇帝(しいざあ)
・2位……星凛(あかり)
・3位……愛翔(らぶは)

「無料 赤ちゃん名付けより引用」

どれもインパクトがすごいですね。“名は体を表す”という言葉がありますが、“皇帝ちゃん”は力強い人になりそうですね。

ランキングに入っている名前は、どれも一目で読めないような難しいものが多いですが、その分親が真剣に悩んで名付けたことがうかがえます。

男の子では“○太郎くん”人気が上昇中!?

160912kirakira1

さらに、明治安田生命による名前調査では意外な流行も見えてきています。

ランキング上位には出てこないものの、男の子の名付け100位以内には、“○太郎”といった漢字3文字の名前が8つもランクインしているのです。

孝太郎や凛太郎など、いかにも日本人! といった男らしい名前ですね。

キラキラネームやDQNネームに抵抗を感じるご両親の中には、逆に古風な名付けをする方も少なくないようです。

“○子ちゃん”は逆DQNネーム?

160912kirakira2

キラキラネームやDQNネームに逆行した古風ネーム、“逆DQNネーム”なんて呼び方も登場しているようです。

とあるコミュニティサイトで、「娘に○子と名付けたら、逆DQNネームと言われた」という書き込みがありました。

逆DQNネームとは、「時代の流れに背いて、逆に個性を出そうとするひねくれ者」という意味だそうです。

そのことについて批判的なコメントが多く寄せられました。

個人的には、DQNネームで周囲に批判されたママが悔し紛れに皮肉を言っているように感じてしまいます。

キラキラネームが増加した理由3つ

person-woman-relaxation-girl-large

そもそもキラキラネームが増加した理由には、どういったものがあるのでしょうか。

(1)ゲーム世代・アニメ世代が親になった

ゲームやアニメの登場人物には、個性が際立つように派手な名前がつけられていることも少なくありません。

小さいころからそういったものに触れてきた人が親になり、子どもにインパクトのある名前を付けるようになったという説があります。

極端な例だと、自分の好きだったキャラの名前をそのままつけるという人もいるようです。

そうした状況から、世間では次第にキラキラネームへの抵抗がなくなっているのかもしれません。

(2)勉強量の低下

一方で、日本人の勉強量の低下が原因だとする説もあります。

とくにゆとり教育世代は他の世代と比べて勉強量が少なく、言葉に対する意識も薄れているのではないかというのです。

国語では詩や小説などを通して言葉の大切さを学びますが、その機会が少なかった世代は言葉を固定観念に縛られずに捉えることができます。

その結果、他の世代よりも自由に言葉を使うようになったのではないかと考えられています。

(3)個性重視の教育

集団で“協調性”が求められていた昔と比べて、今の教育は“個性”を重視するような風潮があります。

ナンバーワンではなく、“オンリーワン”を目指そうということですね。

そうした教育方針のもとで育った子どもは、当然“個性”を重んじるようになります。

その結果、自分が親になったときに、誰でも一発で読める“普通の名前”よりも、オリジナルな由来を取り入れた“個性的な名前”を付けるようになったとされます。

キラキラネームが日常生活に及ぼす問題2つ

160912kirakira4

名前を見た人に大きなインパクトを残すキラキラネームですが、個性的な名前ゆえに日常生活で苦労する人も少なくないようです。

(1)いじめの対象になる

子どもには自分と違ったものを排除しようとする性質がありますが、周囲と違うキラキラネームはいじめの標的になることもあるようです。

在学中にバカにされたり笑われたことを苦に、成人後に改名する人もいるようで、極端な例では名付けた親を殺した事件まであります。

もちろん、今はキラキラネームが主流になりつつあるので、昔ほど差別を受けることはないと思いますが、名付けの際は注意が必要ですね。

(2)就職活動に不利になる

個性的な名前であったがゆえに、就職活動で不利に感じた学生もいるようです。

実際、ネット上では「自分ならDQNネームは入れない」「DQNネームは非常識だし、取引先への印象も悪くなる」といった意見もあります。

面接官によっては、履歴書チェックの際に名前も基準に入れている人もおり、書類だけで落とすケースもあるようです。

恥ずかしくて“通称名”を使う人も

160912kirakira5

「取引先に悪い印象を与えるから」「いじられるから」などの理由で、職場で“通称名”を使う人もいるそうです。

「違法じゃないの?」という方もいらっしゃるかと思いますが、現状の法律では“通称”の利用を制限するルールはないと言われています。

よって、取引先へ“通称名”を用いた名刺を渡すことも可能なのです。

しかし、履歴書や契約書などを作る際は、通称名の使用はNGなので、通称名を使いたい人は気をつけるようにしましょう。

どうしても履歴書や契約書などで通称名を使いたい人は、やはり改名する必要があります。

キラキラネームの親は非常識?

person-woman-coffee-cup-large

近頃、『小児科臨床』という月刊誌の中に掲載された論文「キラキラネームとER受診時間の関係」の内容が話題になっています。

それは、キラキラネームの子どもは、そうでない子に比べて深夜帯に受診する割合が高いという統計です。

これのどこに話題性があるのかというと、この結果から“キラキラネームの親には配慮が欠けている人が多い”ということが示唆されたのです。

当然、この結果が全てではないことに留意が必要ですが、世間に大きな衝撃を与えたことは間違いないようです。

海外のキラキラネーム事情

pexels-photo-medium-2

これまで日本のキラキラネームについて見てきましたが、もちろん海外にも珍奇な名前をつける親はいます。

『baby center』というサイトが公開している、「Unusual baby names of 2015(非常識な名前2015)」というページでは、以下のような名前が並んでいます。

・Honey(はちみつ)
・Jazz(ジャズ)
・Lyrik(詩)
・Story(物語)
・Larkyn(愚かな)
・Heavenly(天)

英語だと若干かっこよく見えてしまいますが、海外では非常識と非難されている名前だそうです。

また、ニュージーランドでは、「Lucifer(悪魔)」や「King(王様)」などの名前が却下されたとされ、どこの国でも突飛な名前をつける親は存在するようです。

キラキラネームを改名する方法

nature-fashion-person-woman-large

上述したように、キラキラネームで苦しむ人は少なからず存在しており、改名したいという意見がネット上でも散見されます。

名前のせいでイジメを受けていたり、就職に困難をきたしている場合は、改名するのも手です。

改名は、15歳から本人のみでの申請が可能になります。

改名方法には大きく分けて2種類あり、“読み方を変える方法”“名前そのものを変える方法”があります。

読み方を変える方は、比較的簡単とされ、役所の窓口で完了します。

一方、名前そのものを変える必要のある人は、裁判所の許可を得る必要があり、その条件もぐんと高まります。

戸籍法では、変更のための“正当な事由”を、以下のように書いています。

・名前が原因でイジメを受けている
・長年の慣行として襲名される必要がある
・長年、社会で通用している通称名がある
・お坊さんになるために改名の必要がある
・異性と間違えられるような名で、生活に支障をきたしている
・珍奇、難読、難解な名前で、生活に支障をきたしている

これらの条件の他にもいくつかの要件がありますが、主な事由にはこのようなものがあります。

まとめ

「キラキラネームの弊害」や「改名方法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

名前は一生付き合っていくものです。名前の印象で人柄を見られるケースも少なくありません。

子どもに個性を持って欲しいという思いは、どんな親でも持っているものですが、それを押し付けると子どもの将来に影響が出るかもしれません。

名付けをする際は、子どもにとっての最善を考えるようにしたいですね。

●ライター/木村華子(ママライター)
●追記/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする