簡単にできるシャツアレンジ! ワーキングマザーの節約おしゃれ術

【ママからのご相談】
息子がこの春、中学生になり、私も派遣社員として12年ぶりにOLに復帰しました。子育てに追われ普段はTシャツ、Gパンで過ごしていたためオフィスカジュアルにふさわしい服が足りません! 春夏は手持ちの数少ないおしゃれ着とファストファッションブランドで乗り切りましたが、ふと気が付くと被服費がとんでもないことに!! 着回しの利くアイテムを教えてください。

a 2014年の秋はきれいめシャツが豊作です!

ご相談ありがとうございます。フリーライターの姫乃です。

女性にとってファッションは楽しみでもあり、悩みの種でもありますね。

今回は私の実体験と婦人服販売員の同僚の声をもとに、ベーシックアイテムであるシャツのアレンジ方法をご紹介します。

140918himeno

今年の流行はゆるっと感が大事

スーツのインナーとしてピシッと決めたスタイルも素敵ですが、今年はゆったりめのサイズでウエスト周りにゆとりを持たせると上品に着こなせます。

素材もリネンやガーゼなど柔らかい生地を選ぶとアレンジがしやすいです。

カシュクール風に着こなす裏ワザ

販売員の友人に教えてもらった裏技なのですが、今までカシュクールになるシャツの場合、別にボタンが配置されている製品が大半でした。しかし手持ちのシャツでもボタンを全部開け、裾をクロスさせ、その上からボトムをはくとあっという間にカシュクールのでき上がり!

インナーにはビジュー付きの華やかなタンクトップや、大振りのネックレスなどを合わせると、パーティー仕様にもアレンジできます。

オフの日にも大活躍

普段はTシャツとGパンなどカジュアルな服装が多いとのことでしたが、今までのお洋服に羽織ってみたり、ウエストに巻いてみたり、裾をしばってみたりとプラスアルファで楽しんでみてください。

ベーシックなシャツは、オンオフ問わず活躍してくれる優秀アイテムです。


いかがでしたか?

新卒で入社したばかりのときのように、「お給料がそのままお小遣い」というわけにはいきませんから、働くママにとって、1アイテムで何通りにも着回しが利くお助けアイテムは大切です。

しかし、オフィスカジュアルばかりを意識して本当に欲しい物が買えない……というのは本末転倒ですよね。

実は私もOL時代、アメカジが大好きなのにオフィスで着る服ばかりを購入してしまい、予算が足りなくて大好きなお洋服を我慢した経験が多々あります。

しかし読者の皆様にはぜひ、賢い着回し術で素敵OLになって、プライベートでは思いっきり好きなお洋服を着て、楽しい毎日を送っていただきたいと思っています!

●ライター/姫乃(新婚ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする