アスペルガーの夫を持つ妻に発症しやすい「カサンドラ症候群」とは?

【ママからのご相談】 
1歳の女の子のママです。学生時代の友人から相談を受けました。友人のご主人は高学歴で高収入ですが、最近、アスペルガー症候群と診断されたそうです。一緒に暮らすうちに友人もカサンドラ症候群という状態になり、育児や家事が思うように進まないようです。カサンドラ症候群とはなんでしょうか?

a アスペルガー症候群の配偶者は、カサンドラ症候群になることも。

ご相談ありがとうございます。フリーライターのnanakoです。

最近、大人の発達障害についての情報が増えてきています。大人になってから判明する方も多いのではないでしょうか? 

昭和大学附属烏山病院のアスペルガー症候群を中心とする大人の発達障害の専門外来が2008年にスタートして以来、2014年1月時点で累計初診者が3000人を超えているそうです。

しかし、アスペルガー症候群の本人に向けての支援は耳にしますが、その家族への対応はまだまだのようです。

140909nanako

カサンドラ症候群とは

優れた予知能力を持ちながらもアポロンの愛を拒絶したため、数々の予言をしたが誰にも信じてもらえなかったカサンドラという女性の名前に由来します。 

【カサンドラ症候群の症状】
・低い自尊心
・自己喪失感
・混乱や困惑感
・恐怖症
・怒り、うつ、不安
・外傷後ストレス反応
・罪悪感
・神経衰弱

カサンドラ症候群とはうつ症状の一種です。

なんらかの真実を知っており、今現在それを実際に経験しているにも関わらず周囲にそれを信じてもらえないという孤立感、孤独感からもたらされる不健康な状態を示します。 

例えば付き合って間もないころは、女性のやさしさと男性の純粋で裏表のない無邪気さがうまく呼応するのですが、次第に男性のアスペルガー症候群による神経学的な問題が明らかになってくると、女性は、「自分がどんなに相手に配慮しても、優しさが返ってこない」と感じるようになります。

話す内容も噛みあわず、自分の常識を根底から疑うような場面が出てくることがあるかもしれません。しかし、周囲にそれを訴えても、「あんな立派で優秀なご主人が?」と信じてもらえないことがあります。それがますます妻を精神的に追い詰めていくことにつながります。

理解のある人や専門医に相談しましょう

アスペルガーの配偶者と仲良く過ごせる女性もいるかもしれませんが、相談者さんのご友人のように追い詰められている方が多くいるのも事実です。

夫婦関係をより良く継続させるためには、どちらか一方の努力だけではうまくいきません。話し合いがままならない関係であれば、専門家の介入という方法が望まれますが、日本ではまだまだのようです。アスペルガー症候群の家族を取り巻く環境は厳しいと言えるでしょう。

同じようなカサンドラ症候群に苦しむ妻で結成された自助グループなどに参加するという選択肢もあります。 

つらいと思ったら、心療内科に相談してみることが大切です。 

【関連コラム】
私の彼、もしかしてアスペルガー症候群?(恋愛jp)
もしかして……あなたもアスペルガー症候群?(恋愛jp)
アスペルガー症候群の恋人と向き合うために(恋愛jp)

●ライター/nanako(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (105)
  • うーん (12)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする