フルタイムorパート? 幼稚園ママにおすすめな仕事選びのポイント

【ママからのご相談】
幼稚園の年中組に通う娘がいます。今は専業主婦ですが、結婚前は営業職の正社員をしていました。夏休み明けの9月以降、パートで働きたいと考えています。

自宅から私の実家が近く、幼稚園の送り迎えや帰宅するまでの間に預かってくれるなど両親が協力してくれるというので、働ける環境はそろっています。条件は週に3、4回くらい、短時間勤務を希望しています。

幼稚園のママさんで働いている方は、どのようなお仕事をされているのでしょうか? 東京周辺に住んでいます。

a 自宅から近く、柔軟に働ける職場を。幼稚園の預かり保育も利用しよう!

こんにちは。ママライターのKOUです。

ご相談者さんは、幼稚園にお子さんを通わせながら、短時間でもお仕事をされたいと希望していらっしゃるのですね。

東京周辺にお住まいということですが、地域によっては、待機児童が多いため、保育園に預けてフルタイムで働くということができず、やむを得ず会社を退職して幼稚園に通わせているママさんも少なくありません。

私も4歳の息子がいますが、一度仕事を辞めていますので、最終的には保育園は諦めて幼稚園に通わせることに決めました。

ただ、自分自身のスキルを磨いていきたいこともあるので、在宅を中心に動けるライターの仕事を選びました。子どもの成長に合わせて、今後の働き方を模索しております。

幼稚園の保育時間が短い理由

ANJ77_komorebichirari20141115142024_TP_V

子どもがある程度大きくなって幼稚園に入り、ようやく手が離れるようになってきたころ、家計のために仕事復帰したいと思うママは少なくありません。

しかし、そこで立ちはだかる壁が、“幼稚園の保育時間の短さ”

通常、保育園が7時から18時くらいまで子どもを預かるのに対し、幼稚園では9時から14時くらいまでしか保育してくれないところが多いのです。

ちなみに、両者で保育時間が異なるのは、以下のように園が設置されている目的が違うからです。

保育園は子どもの“保育”をメインにしているのに対し、幼稚園は子どもの“成長を支援する”ことが目的となっています。

このことから、保育メインの保育園では預かり時間が比較的長く、教育をメインとする幼稚園は預かり時間が短くなっているのです。

仕事と家庭の両立に関するアンケート

140909kou

ベルメゾン生活スタイル研究所が行ったアンケート調査(調査期間・2014年2月14日~18日)で、実際に子育て・家事をしながらパートやアルバイトで働いている主婦約500人に仕事と家庭の両立について聞いたところ、「両立できている」と答えた方が90%を超えたそうです。

さらに、パート選びで重視したいポイントについての回答をみてみると、

・1位……自宅から近い・交通の便が良い(25.1%)
・2位……シフトが柔軟(22.9%)
・3位……家族と休みが合わせられる(11.8%)
・4位……勤務時間が短い(11.2%)
・5位……給料が良い(7.4%)

やはり、職場が自宅に近く柔軟に働ける環境を重視している方が多いようです。

フルタイム勤務したいママにおすすめの方法2つ

N112_hooduewotukujyosei_TP_V

働きながらの幼稚園通いは非常に多忙な生活となるため、子どもが小学生に上がるまでは専業主婦でいるというママも多いです。

それでもフルタイム勤務がしたい! というママは、以下のような方法を取っているようです。

(1)両親や知り合いに送迎してもらう

フルタイムで勤務する幼稚園ママの中には、自分の両親(義両親)や知り合いに子どもの送迎をお願いしているというパターンが多く見られます。

身近に子どもの送迎を頼めそうな人がいれば、頼ってみるのも良いでしょう。

また、これから幼稚園を探すというママは、それを見越して実家の近くの園を選んでおくと送迎のお願いがスムーズになります

(2)延長保育を利用する

延長保育の時間は園によって異なりますが、18〜19時まで預かってくれるところもあるようです

残業なしの8時間勤務であれば、このくらいの時間帯には間に合いますね。ぜひ利用してみましょう。

ちなみに、料金は30分ごとに加算されていくパターンや、月極となっているパターンがあります。高額になることもあるので、事前に調べておきたいところです。

幼稚園ママの働き方5つ

160926anketo

実際にパートなどで働いている幼稚園ママさんに、お仕事の内容や働き方などについて伺いました。

(1)飲食店

『11時から14 時までのランチの時間帯だけ、ファミレスで働いています。学生時代に、喫茶店のウェイトレスの経験もあり、接客は苦手ではありません。近所のお店で、学校や幼稚園の行事があるときは、他の方に代わってもらえるので助かっています』(小学1年生、4歳男の子ママ)

『ファーストフード店での週4日勤務です。シフト制なので、曜日に拘束されず自由に働ける日や時間を相談できるので、幼稚園ママにはお勧めします。義父母と同居しているので、たまに幼稚園のお迎えをお願いしています』(4歳女の子ママ)

(2)派遣会社で短期勤務

『派遣会社に登録して、短期の受付の仕事があれば、働いています。もともと秘書をやっていたので、受付などの接客業を選びました。延長保育や長期の夏期保育がある幼稚園に通わせていることもあり、夏休み期間でも働けます』(6歳女の子、3歳男の子ママ)

『前職は、人事関連の事務員でした。今はいろいろな職場で短期間に働ける派遣が良いと思っています。働くときだけ、実家の母に子どものことをみてもらっています。これまでに、アンケートの内容チェックや電話対応、倉庫の作業などのお仕事を経験しています』(小学4年生、5歳女の子ママ)

(3)家事代行

『友人が家事代行の仕事をしていたので、紹介してもらいました。週1日数時間から勤務でき、自分のライフスタイルに合わせながら働けるので仕事と育児の両立もできます。お金持ちのお宅が多く、掃除や料理をはじめ、ペットのお世話なども任されます。家事が嫌でなければ、働いた経験がほとんどない専業主婦の方でも問題ないかと思います』(5歳男の子ママ)

(4)学校給食の調理補助

『学校給食の調理補助員をしています。私は調理師の資格を持っていますが、補助員であれば資格はなくても大丈夫です。週4日勤務ではありますが、夏休みや冬休みなど学校のお休みのときは休めます。勤務時間は9時半から15時半まで、幼稚園の預かり保育を利用しています』(小学5年生男の子、3歳女の子ママ)

(5)覆面調査員

『もう1人子どもが欲しいので、今は空いた時間に少しでも働ければと覆面調査員をやっています。覆面調査員の仕事は、大型スーパーや小売店など対面販売をしている店舗に行って、お買い物をしながら店員やお店を基準、項目などに沿ってチェックするものです。

お金を稼げる仕事ではありませんが、お店のサービスの向上に役立ちますし、社会貢献できてやりがいがあると思っています』(4歳男の子ママ)

このほか、

・在宅で通信教育の添削
・自宅で英会話教室を開業
以前の職場で短時間勤務
・塾講師
・早朝に清掃業務

などのお仕事がありました。

フルタイムで働きたいときの仕事選びのポイント3つ

person-woman-hotel-laptop-large

フルタイムで働きたい幼稚園ママが仕事を選ぶ際、後々困ったことにならないよう押さえておきたいポイントがいくつかあります。

(1)同じ境遇の人が多い職場を選ぶ

子どもがいない人ばかりが働いている職場に就いた場合、育児のことで配慮をしてもらえない可能性があります

同じ境遇の人が働いていれば、子どもの急な病気で早退したとしても、寛容に接してもらえます。

また、“お互い様精神”が強いため、主婦同士でシフトを自由で組んだりできるところも魅力的です。

(2)園に近い職場を選ぶ

子どもの急な発熱や残業してしまう可能性を考えて、職場は幼稚園から近い場所にするのがベストです。

すぐに駆けつけられる距離で働くことで、安心しながら仕事をすることができます

(3)残業がない仕事を選ぶ

確実に残業がないと思える仕事を選ぶことも重要です。幼稚園の保育時間は短いため、残業をすると園に迷惑をかけたり延長料金が発生したりします。

面接を受ける段階で、残業の有無をしっかりと確認しておきましょう。また、「自分は絶対に残業ができない」と念を押しておくことも大切です

幼稚園ママでも働けるパートのお仕事5選

上記ではフルタイム勤務の仕事選びについてご紹介しましたが、実際にはパートで働く幼稚園ママの方が多いです。

そこで、ここではパートで働きたい幼稚園ママにおすすめの外勤のお仕事をご紹介します。

(1)軽作業の仕事

清掃や製造工場での納品作業など、女性でもできる簡単な作業をこなすお仕事で、未経験でも歓迎されます。

また、比較的勤務時間が短いことが多いため、幼稚園ママにおすすめ。

派遣に多い仕事なので、働きたい人は派遣会社に登録しておきましょう

(2)事務職

資料の作成やデータ入力など、主にPCを使うお仕事です。一般事務職では未経験者を募集していることも多いため、とりあえず働きたいママにおすすめ。

時短勤務可能の求人もかなり多いので、そちらを利用しましょう。

(3)小学校の支援員

小学校で子どもの活動をサポートしたり、発達障害を持つ子どもなどの支援をするお仕事です。

教員免許などの資格は不必要で、比較的早めに帰ることができるのでおすすめです。

また、小学校の長期休暇などは一緒に休めるため、その間は楽に幼稚園の送迎をすることができます。

(4)スーパーのレジ

特に朝は子育てをしながら働いているママが多いため、子育て関連のトラブルにも寛容な職場であることが多いです。

ママの従業員が多いためか、午前中勤務のシフトは比較的残業の心配がないそうです。

(5)コールセンター

コールセンター系の仕事は、体力に自信のない方でも勤務でき、自由にシフトを組むことができます。

働いている人数が比較的多いので、急に休む人へのフォロー体制がしっかりしているのだとか。

幼稚園ママにおすすめの在宅ワーク4選

在宅ワーク

在宅ワークには自己管理能力やシビアな成果主義に耐える力が必要ですが、子育てと両立しやすいお仕事です。

ここでは、幼稚園ママにおすすめの在宅ワークについてご紹介します。

(1)データ入力

求人情報や商品の説明などのデータを入力していく仕事です。誰でも簡単にできるため人気の在宅ワークですが、単価が1件あたり数十円と安いため、数をこなしていく必要があります。

一つ一つの仕事に要する時間が短いため、育児に忙しいママにぴったりです。

(2)テープ起こし

取材や会議などの音声を聞き取って文章に起こしていく仕事です。はじめは時間がかかるようですが、習熟していくとけっこう稼げるようです。

とにかくスキルを身につけるまでの忍耐が大切だとされています。

期限が長く設定されていることも多く、自分のペースで進められるため、子育てと両立しやすい仕事です。

(3)アンケートモニター

企業の行っているアンケートに答えるだけの仕事です。すごい人になると月に3万稼ぐ人も。

アンケートに答えることでポイントが加算され、それを現金化するといった仕組みであることが多いようです。

なお、子育て系のアンケートでは、謝礼として幼児用の家庭学習教材がもらえることもあります。

(4)ライティング

自分が興味を持っている分野に関する記事やコラムを書く仕事です。

主に、グルメ、旅行、恋愛、美容、家事、子育てなどのテーマが募集されています。

ママなら特に家事や子育ての記事がおすすめです。

家事や子育ての記事を書く過程でいろいろ調べることになるため、自身の生活にも落としこむことができます

在宅ワーク詐欺にご用心!

OOK92_onigekioko20150201190024_TP_V

育児に忙しいママにとっては、とても助かる在宅ワーク。しかし、近年では在宅ワークにおける詐欺が増加しています。

主な手口としては、

・仕事の斡旋料
・研修費料
・教材購入費料
・サイト利用料

などの名目で金銭を要求し、実際には仕事を紹介しないというケースが多いです。

このような詐欺に合わないためには、

・やたらと金額を請求する業者は疑う
・業者を利用する際には、事前に悪評がないか検索する
・仕事の報酬が相場よりも高い業者は疑う

などを心がけておく必要があります。

まとめ

「幼稚園ママの勤務事情」や「幼稚園ママにおすすめの仕事」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

子どもを幼稚園に通わせながら仕事をするのはとても大変なことです。

家計の事情などで働かなければならないママは、いろいろと工夫して自分の環境に適した仕事選びをするようにしたいですね。

【関連コラム】
子育てと両立しやすいプチ仕事4選

●ライター/KOU(ママライター)
●追記/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする