高校・大学生ママ必見! 母子家庭向け支援金&奨学金制度

【ママからのご相談】
中学3年生の息子がいます。第一志望の高校は公立にしたようですが、少しレベルの高い学校を狙っているようです。

がんばりは応援したいのですが、ウチはひとり親家庭のため、正直なところ、万が一公立高校がダメで私立高校になったら学費を払ってあげられません。何か今から準備できることはありますでしょうか。

a 申請期間が限られる援助&奨学金申請は、早めの確認が吉!

ご相談ありがとうございます。国立高専の学費が払えずに卒業をあきらめた経験がある、シングルマザーでライターの川中利恵です。

私自身も娘には同じ道を歩ませたくないので、相談者様と同じ悩みを抱えていました。そして、長女は努力が報われず公立ではなく私立へ……。

今、なんとかしなくてはと必死になって働いているところですが、私立の学費を払い続けることができるのか正直なところ不安でいっぱいです。

では実際に、どんな支援や奨学金制度があるのでしょうか。私自身が調べたことをまとめました。

140828kawanaka

メインは国の支援制度である高等学校等就学支援金

文部科学省が発表した『子供の学習費調査』によると、2010年度より導入された授業料無償化により、公立高校でかかる教育費は年間33万円前後となりました。

同時に、私立の高等学校に在学する方を対象とした『高等学校等就学支援金制度』がスタートしています。

これは保護者の所得に応じて月額9,900円〜支給されるものですが、それでも私立高校の年間教育費は92万前後となっています。

なお、これらの制度は2014年度より世帯年収910万円以上は高校無償化の対象外となりました。

自治体によって異なる! 私立高校特有の支援金制度

ここからは、各自治体によって異なる支援金制度です。

例えば、東京都在住の場合は、公益財団法人東京都私学財団による、『私立高等学校等授業料軽減助成金事業』が実施されており、最大年間132,000円と、やはり所得に応じた助成金を得ることができます。

そのほかにも、東京都私学財団では授業料以外にかかる教育費を軽減する『私立高等学校等奨学給付金事業』も実施されています。

こちらも年間最大138,000円の給付金を受けられますが、条件が所得のみでなく、保護者の扶養家族によって給付額が変わることが特徴です。

ただし、いずれの助成金も入学後の申請受付となり、給付はもっと先になるので入学金などとしてアテにすることはできません。

学習塾受講も! まだまだある修学支援貸付事業や奨学金制度

助成金だけでは厳しい、入学金から不安があるという場合は、『東京都育英資金貸付事業』があります。

中学3年生を対象とした予約受付は2014年5月よりすでにスタートしており、在学する中学校の推薦と保証人が必要です。

また同財団による『入学支度金貸付事業』もあります。入学金に必要な金額のうち20万円を無利子で学校から借り入れできる制度です。

こちらは入学予定の学校の窓口に問い合わせてみてください。

そのほかにも、各自治体で学習塾受講料貸付や高校受験量の貸付制度が設けられていることがあります。

条件や金額も自治体によって異なりますから、できるだけ早いタイミングで問い合わせておくとよいでしょう。


今のところ、都内在住で保証人となる身内が一切いない私は、高等学校等就学支援金制度と授業料軽減助成金事業を利用しつつ、何とかなるように努力しています。

しかし、学校によっては、“授業料は先払いで、後ほど支援金分を返金”という形をとっているところもあるので要注意です。

やっぱり貯金はできるだけしておくに越したことはありません。

それでも厳しそうな場合は、まだまだ先のことと思うかもしれませんが、まずは役所の窓口へ、それから志望校の事務局にも相談してみてくださいね。

まずはなにより、息子さんが第一志望の学校に合格できることを心よりお祈りいたします!

●ライター/川中利恵(在宅ワーカー)

編集部追記

奨学金がなきゃムリ!? 母子家庭の平均収入は291万円

pexels-photo-large

母子家庭の中には、金銭的に困窮している世帯が少なくありません。

平成23年に厚生労働省が発表したデータによると、母子家庭の世帯数は全国で123.8万世帯となっており、平均世帯収入は約291万円。月収で換算すると約24.25万円となります。

意外と収入が多いように感じますが、この数字は子どもも働きに出ている場合の数字であり、母親自身の平均収入は223万円となっています。

年度が前後しますが、平成22年度のデータでは“子どもがいる一般的な世帯”の平均収入は658万円となっており、母子家庭はその半分以下の収入で家計を支えなければならない実情があります。

また、ベネッセが平成26年に発表したデータでは、子どもを私立高校に3年間通わせた場合、平均で300万円以上かかるとされています。

毎年100万円の出費があると考えると、いかに母子家庭が金銭的に困窮するかが分かります。

母子家庭必見! 高校生を対象にした支援金&奨学金5つ

高校生奨学金

上記コラムでも触れられていますが、以下ではより詳しく高校生向けの支援金&奨学金をご紹介します。

(1)高校生等奨学給付金制度

低所得世帯の授業料以外の教育費をまかなうために国が給付する奨学金で、返済する必要はありません。

【利用条件】
・非課税世帯
・保護者が申請する自治体内に住所を持っている
・生徒が国公立問わず高校に在学している
2014年4月以降に入学している

の4点があります。

【給付額】
支払われる具体的な金額は以下の通りです。

・生活保護受給世帯……国公立:年32,000円/私立:年52,600円
・市町村税所得割額が非課税の世帯……国公立:年37,000円/私立:年38,000円
・非課税世帯(第一子)……国公立:年37,400円/私立:年39,800円
・非課税世帯(第二子)……国公立:年120,000円/私立:年138,000円

(2)地方自治体の奨学金

支給が受けられる要件は、“成績優秀だけど経済的な理由で進学が難しい生徒”であることです。

自治体によって支給額は異なりますが、以下に主な自治体の奨学金を記載します。いずれも給付型なので返済する必要はありません。

>川崎市高等学校奨学金

“学年資金”と“入学支度金”があります。他の奨学金と併用することが可能です。

【学年資金】
国公立:年36,000〜48,000円/私立:年60,000〜70,000円
【入学支度金】
国公立:年45,000円/私立:年70,000円

>大阪市奨学費

大阪市内に住む市民税非課税世帯を対象にした奨学金。高校生や高等専門学校生に1年間だけ給付します。他の給付型奨学金とは併用不可能

【学習資金】
国公立・私立問わず年7,000円以内

【入学資金】
国公立・私立問わず35,000円以内

>横浜市高等学校奨学金

横浜市に住所がある高校を対象に月額5,000円を支給します。他の奨学金と併用することはできません。

150415342006_TP_V

(3)石澤奨学会の奨学金

【利用条件】
・定時制通信制高等学校の生徒である
・在籍する高校の校長から推薦された人
・修学のために経済的な支援を必要としている人
・心身ともに健康な人

【給付額】
給付額は、国公立・私立問わず月額15,000円となっています。こちらも給付型なので返済の必要はありません。募集人数は毎年変動するようです。

(4)全国商業高等学校協会の奨学金

【利用条件】
・全国商業高等学校長協会に在籍する生徒
・学力人物に優れている人
・校長や各都道府県理事校校長の推薦を受けた人

【給付額】
1年間の支給に限定されますが、年50,000円の支給を受けることができ、返済の必要はありません。

(5)日本教育公務員弘済会の奨学金

【利用条件】
・就学意欲がありながら、経済的な理由で就学が困難な人
・高等学校に在学している人
・在学している学校長の推薦を受けた人

【給付額】
各都道府県ごとに支部があり、条件を満たすと年50万円以内が給付され、返済不要です。

母子家庭にうれしい! 大学生向けの支援金&奨学金4つ

大学奨学金

(1)日本学生支援機構の奨学金

国内の大学院や大学・短大・高専・専門学校に在学する生徒を対象とした貸与型奨学金制度です。

学力人物ともに優れた生徒で、経済的な理由により修学が難しい人が対象となります。

【第一種奨学金(利息なし)】
・国公立/自宅通学の場合……月45,000円
・国公立/自宅外通学の場合……月51,000円
・私立/自宅通学の場合……月54,000円
・私立/自宅通学の場合……月64,000円

【第二種奨学金(利息あり)】
大学や通学の形態を問わず、3・5・8・10・12万円のいずれかから選択。利息は月によって変動し、年利0.16〜0.69%の間を上下します。

(2)JT国内大学奨学金

国内の大学進学希望者、進学者を対象とした給付型奨学金制度です。

【応募条件】
・指定された国公立大学1年次への進学希望者または進学者
・指定された高等学校長または大学長の推薦を受けた人
・学力人物ともに優秀で、修学のために経済的支援を必要としている人

【給付額】
各大学在学中に必要な月額費用、入学金や授業料などに必要十分な額が給付されます。

(3)三菱UFJ信託奨学財団の奨学金

財団が指定した大学の2〜4年生の学生を対象にした給付型奨学金です。

【応募条件】
・4年生大学2年生以上に在学している
・学力人物ともに優秀で、修学のために経済的支援を必要としている人
・保護者の年収が800万円未満であること
・在学する学校長の推薦を受けた人
将来実業に従事して、学術の研究に当たる人
・採用後、財団の指定する銀行に自身で普通預金口座を開設できる人
・満23歳以下の日本人であること

【給付額】
月額で35,000円給付されます。

(4)マイナビ進学奨学金

給付型の奨学金制度のなかでは最も応募条件がゆるい奨学金です。

【応募条件】
マイナビ経由で志望大学のパンフレットを取り寄せ、そこに進学した人が対象となります。成績や家計の状況は加味されません。

【給付額】
課題作文を提出し、審査を経て優秀だと認められれば、

・最優秀賞……50万円
・優秀賞……40万円
・部門賞……15万円

が給付されます。

高校・大学どちらでも使える支援金&奨学金4つ

高校大学

(1)あしなが奨学金

保護者が病気や災害、自死などで死亡したり、著しい後遺障害のために働けない家庭の子どもを対象にしています。

24歳まで利用できるので、大学生でも申請することできます。

この奨学金の特徴としては、

・20年の返済期間がある
・無利子
・事情によっては返済を延期できる
・他の奨学金と併用できる

などが挙げられます。

【貸与額】
・国公立高校……25,000円(月額)
・私立高校……30,000円(月額)

となっており、書類審査のみで申請できます

一方、大学の場合は、私立公立問わず一律40,000円〜50,000円(月額)となっており、書類審査の他に面接試験を受ける必要があります。

(2)スルガ奨学金

【利用条件】
・成績優秀かつ健康な学生でありながら、経済的な理由で修学困難な人
・静岡・神奈川・東京の指定された学校に在学している人

【給付額】
・高校生……15,000円(年3回)
・大学生……40,000円(毎月)

となっています。

給付型なので返済の必要はありませんが、高校生は毎年45名以内、大学生では毎年1〜2名程度の採用なので、かなり厳しい倍率となっています。

person-woman-girl-sitting-large

(3)交通遺児育英会の奨学金

保護者を交通事故によって失った、または著しい後遺障害のために働けなくなった高校生以上の生徒を対象にした貸与型奨学金です。

【貸与額】
・高校生……2・3・4万円のいずれかを選択
・大学生……4・5・6万円のいずれかを選択

【返済期間】
いずれも無利子で、最長20年まで返還期間を伸ばすことができます。

(4)国の教育ローン

政府が100%出資している政策金融期間が行っている教育ローンで、最高350万円まで借り入れることができます。年利は2.05%の固定金利となっています。

【利用条件】
世帯収入が以下の金額以内の人が対象となります。

・子どもが1人……790万円以内
・子どもが2人……890万円以内
・子どもが3人……990万円以内
・子どもが4人……1,090万円以内
・子どもが5人……1,190万円以内

【返済期間】
返済期間は15年以内で、毎月の返済額は一定となっています。

(4)母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子家庭および父子家庭、寡婦の経済的な自立を助けること、児童の福祉を推進していくことを目的とした貸付制度のことです。

各都道府県によって条件や金額が異なります。以下では、主要な都市を例に、就学支度資金にしぼって見ていきます。

>東京都

【利用条件】
都内に6か月以上住んでいて、母子家庭・父子家庭かつ20歳未満の子どもがいる

【貸与限度額】
・国公立高校……160,000円
・私立高校……420,000円

・国公立大学……380,000円
・私立大学……590,000円

【返済期限】
20年以内で無利子での返済となります。

>大阪府

【利用条件】
・ひとり親家庭で前年の所得が203万6千円以内の場合

【貸与限度額(支度金/入学金)】
・国公立高校……75,000円/75,000円
・私立高校……75,000円/335,000円

・国公立大学……75,000円/295,000円
・私立大学……75,000円/505,000円

【返済期限】
20年以内で無利子での返済となります。

まとめ

「高校の支援金&奨学金」や「大学の支援金&奨学金」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

母子家庭には子どもを進学させることが経済的に厳しい世帯も少なくなく、奨学金を利用しなければならないこともあります。

今回挙げた奨学金制度は一例ですが、給付型の奨学金はダメもとでも応募してみると良いでしょう。

子どもの修学が楽しいものになるよう、工夫して奨学金を選ぶようにしたいですね。

(パピマミ編集部/上地)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする