子連れだと大変さが倍増! 夏の引っ越しを乗り切るコツ6つ

【ママからのご相談】
夏休みに引っ越しをする予定です。初めての引っ越しで勝手が分からないのですが、どのようなことに気を付けたらよいでしょうか? アドバイスお願いします。

a エアコンを取り外す方は暑さ対策を万全に! 飲み物を多めに用意し、お子さんの居場所も考えておきましょう。

ご相談ありがとうございます、転勤族フリーライターのパピルスです。

「夏休みのまとまった休みを利用して引っ越しをする」という方はたくさんいらっしゃると思います。今回は夏の引っ越しで特に気を付けたいことを、筆者の真夏の引っ越し経験と周囲の方々の体験談からお伝えしたいと思います。

140805papi

夏の引っ越しはここが大変!

・『エアコンを取り外してしまうので、かなり暑い!』
・『冷蔵庫が使えないので、用意していた飲み物があっという間に常温に。保冷バッグと氷等を用意しておけばよかった』
・『引っ越し中、エアコンが使えず子ども達がぐったり。見かねたお友達が家に呼んでくれた。最初からお願いしておけば良かった』
・『前日に徹夜で荷造りをして、当日は熱中症で倒れそうになった』
・『引っ越し当日、朝ごはんもそこそこに引っ越し開始。お昼ご飯も2時まで食べる暇がなく、具合が悪くなった』
・『引っ越し業者さん達も大汗をかきながらの作業。あわてて冷たい飲み物を用意して、差し入れしました』
・『引っ越しの日に台風が直撃。雑巾をたくさん用意しておけばよかった』

やはり、“暑さ”に関する回答が多く集まりました。

(1)エアコンを取り外すと、外と同じ暑さでの作業になることも

引っ越し前日までの荷造りでは冷房を使いながら作業することができますが、当日は早々にエアコンが取り外され、養生(家や家具に傷がつかないように保護材を巻くこと)のためにドアが開けっぱなしになることが“暑さを助長する原因”となります。

エアコンを取り外す予定の方は、“外気温とほぼ同じ気温の中での作業になる”ことも想定しておいてください。風通しが悪いと外より暑い場合も! 油断すると熱中症になる恐れがありますね。

熱中症で救急搬送されるケースの4割が、屋内での発症だったというデータがあります。また、気温が30度程度でも湿度が50%を超えると、熱中症の警戒レベルになると言われています。特に小さなお子さんや赤ちゃんには水分補給を忘れずに! 全員が遠慮なく飲めるように、飲み物は多めに用意しておきましょう。

(2)子どもの居場所にも配慮を

猛暑の季節は、小さなお子さんをお友達の家に預かってもらったり、涼しい場所(図書館、児童館、スーパー等)へ連れ出すことをおすすめします。そのときは平気でも、後から熱を出したり体調を崩す場合も多いので、無理をさせないことがポイントです。

(3)寝不足や朝食抜きは危険

引っ越しの前日までに荷造りが完璧に整うということはなかなか難しく、前日徹夜で荷造りというケースもあるかもしれません。しかし、夏場の引っ越しに寝不足は危険! 寝不足の場合には熱中症になるリスクが上がるそうです。

また、忙しいからといって朝食を抜くのも体調不良のもと。午前中の引っ越しが長引いてお昼をまたぎ、午後2時3時まで及ぶということは決して珍しくありません。お昼ご飯を食べる時間が遅くなっても大丈夫なように、朝食はしっかり食べて臨みましょう。お昼ご飯を食べるまでのつなぎになるような食べ物(生もの以外)も用意しておくと安心です。

(4)引っ越し業者さんにも労りの心を忘れずに

暑い中、重い荷物を大量に運ぶ引っ越し業者さんも大変です。炎天下で激しいスポーツをしているときのように汗をかいています。心づけを現金で用意する方も多いと思いますが、夏は冷たい飲み物の差し入れもしたいところです。作業員さんが倒れてしまっては引っ越し作業が停滞しますし、お互いに気持ちの良いものではありませんよね。

(5)“汗”に注意!

滴り落ちる“汗”にも注意してください。家具や床、畳に汗がついたままだとシミになることもあります。汗がついたらすぐにふき取ることが大切です。無垢材や桐、新品の畳などは、しっかり養生してもらうようにお願いしましょう。

(6)雨で荷物が濡れる場合も。雑巾を多めに用意しましょう

ゲリラ豪雨、夕立、台風などで荷物が雨に濡れることもあります。雨のときには引っ越し業者さんも対策をしてくださいますが、それでも荷物が全く濡れないということは難しいです。玄関で水気を拭きとってから搬入できるように、雑巾は多めに用意し、すぐに取り出せるようにしておくと安心ですね。


引っ越し作業というものは、ついつい無理をしがちです。気候の良い季節でも引っ越し後にはぐったりと疲れ切ってしまうものですが、夏の引っ越しは特に体力的に過酷です。

家族が頑張り過ぎないように声を掛けながら、力を合わせて引っ越しを乗り切ってくださいね。

●ライター/パピルス(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする