夏休みの自由研究テーマの選び方3つ

【ママからのご相談】
小学4年生の男の子のママです。夏休みの自由研究についてご相談致します。例年、夏休み終盤になって親子一緒にバタバタし、結局は工作キットを買って来て作るという状態です。今年こそはと、夏休み前から自由研究について考えているようですが、何をしたらいいのかテーマが全然思い浮かばないようです。親として出来る限り一緒に考えてあげたいと思っていますので、何か良いアドバイスがあればお願い致します。

a 本当にやりたい自由研究テーマをみつける3つのカギ。

ご相談ありがとうございます。“情熱子育てスタイル”の近藤博幸です。

ほとんどのご家庭において、夏休みの宿題で最も頭を悩ませているのが、自由研究に何をするかでしょうね。子ども自身何をしたら良いのか決められないまま、ついつい後回しにしてしまう、そして気が付いた時にはもう時間がない! 我が家でも同じような事がありました。

今回は、わたしが取材で得た、“自由研究テーマの見つけ方”をご紹介致します。

まず始めに、研究のテーマを決めるうえで最も大切な事は、「子ども自身が好きな事や興味を持っている事、不思議に思った現象から選ぶ」ということです。更に、「進め方が具体的にイメージしやすいもの、材料など準備出来るもの、危険性のないものを選ぶ」と良いでしょう。

その点を踏まえて、“本当にやりたいテーマをみつける3つのカギ”をご紹介いたします。ぜひ、親御さんも一緒になって考えてみてくださいね。

130719konndou

(1)各教科の学習内容からテーマを決める

教科書を読み返しながら、授業で学んだ内容をさらに詳しく発展的に調べてみる。国語であれば、好きな作家の生涯や他の作品など。社会であれば、歴史上の人物や出来事について、行ってみたい地域や国など。

好きな教科、得意な教科の内容であれば、そこからさらに発展したテーマを見つけやすいと思います。

(2)新聞記事・TVニュース・雑誌などからテーマを決める

最近の流行に関する事や、時事的な内容を取り上げて調べてみる。今年であれば、参議院選挙がありますので、選挙制度についてや、その歴史など調べてみるのも良いでしょう。また、原子力発電の問題から、それに代わる代替エネルギーについて調べてみるのもいいかも知れません。

(3)旅行の行先(帰省先)からテーマを決める

夏休みに旅行に行くご家庭も多いと思われます。その旅行の行先や旅行そのものをテーマにして調べてみる。観光地・名所・旧跡であれば、そこの資料を頂いたり写真を撮ったりしてから、その周辺施設などの情報を旅行記風にまとめるのも良いかもしれません。また、実家に帰省するというご家庭でも、その地域ならではの風土や歴史、観光や産業について調べてみるのも良いでしょう。

更に、その地域に行くまでの道程においても、研究テーマはたくさんあります。車で行くなら各サービスエリア・道の駅などのお土産情報など、電車移動なら、主な駅や周辺の情報、路線図、名物駅弁など調べるのもいいでしょう。


いかがでしたでしょうか。

今の時代、インターネット検索を利用すれば簡単に自由研究テーマの情報が手に入ります。ですが、夏休みという長期休暇を利用して自分の好きな事・興味のある事、いわゆる、自分を知るという意味で、しっかりと時間をかけて親子で協力しあって自由研究のテーマを探してみるのも良いのではないでしょうか。

●ライター/近藤博幸(パパライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする