時期と見積もりが肝心! 引越し費用を安くおさえる裏ワザ

【女性からのご相談】
今、夫婦二人で2DKのアパートに住んでいます。以前から学んでいたアロマテラピーの技術を生かして自宅でサロンを開くために、もう少し広いところに引越したいと思っています。なるべくお金をかけたくないので、引越し費用を安く出来る時期について教えてください。

また、サロンを自宅で開く場合に物件選びのポイントがあれば教えてください。

a 引越し費用を安くするための情報をご紹介します。

ご相談ありがとうございます。個性幼児教育専門家・おうちサロンプロデューサーの赤井理香です。

今回は、引越し費用について、会社の名前は出さないことを条件に、実際に引越し業者の方にお話を伺いました。

140730akai

引越し費用を安く出来る時期

まず、引越し時期について。

春(特に2月から4月頃まで)に就職や進学が、秋に転職が集中するため、この時期は引越しの需要が多く、割引プランや値引きをすることは少ないそうです。

一番需要が少ないのは夏で、特に6月から8月は引越す人が少ないため、割引プランを用意したり、値引き交渉に応じてくれる場合もあるそうです。また、アパートなど賃貸の場合は、月末までの契約になるため、月の中では月末の引越し希望が一番多くなります。人気が集中する月末よりは、中旬より前の方が、値引き交渉に応じてくれる可能性は高まるようです。

週の中では、会社や学校が休みで、荷解きの時間も確保出来るという理由から、土曜日、次いで日曜祝日の午前中が人気だそうです。

料金を抑えたくて、状況が許されるのであれば、

・夏
・月の上旬から中旬
・平日

の引越しが良さそうですね。

引越し費用を安くするコツ

続いて、引越し費用を安くするためのコツを教えていただきました!

複数の業者から見積もりを取る

『引越し費用の相場が分かっていない人は、話していてすぐ分かる』とのこと。

時期とプランを選び、複数の業者から見積もりを取って相場をチェックしたあとで交渉する人と、引越し業者にお任せ状態の人とでは、ほぼ同じ内容の引越しでも、大幅に料金が変わることがあるそうです。

ただ、『複数の業者から見積もりを取る場合、内訳を見ずに単純に料金だけを比べるのは危険だ』ということでした。

梱包、保険、運賃、人件費などの内訳を見て、何にどれ位かかるのかを把握することで、“当然付いていると思った内容が含まれていない”などのトラブルを避けることが出来るだけでなく、不要なサービスを外して、価格を抑えることにも繋がるそうです。

引越し費用を安くするためには、荷造りや荷解きなど、自分たちで出来ることはやって、オプションのないシンプルなプランで頼むのが一番だとも教わりました。


・早めの準備
・ゆとりを持った日程
・情報収集

こんなことを心掛けると、料金を抑えて満足出来るような“気持ちの良い引越し”が出来るのかもしれませんね。

次回は、もう一つのご相談についてお答えします!

●ライター/赤井理香(個性幼児教育専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする