クーラーなしで夏を乗り切る“節約エコ術”3選

【ママからのご相談】
毎日暑いですね。小さな子には、暑くてもなるべく自然の風で過ごさせるのが良いと聞き、頑張っていますが、もうとにかく、暑いです。うまく乗り切る方法はありませんか?

a 身近な物で、暑い夏を乗り切りましょう。

ご相談ありがとうございます。ママライターの*SARASA*です。毎日、暑いですね。お疲れ様です。

お子さんの汗腺の数は、3歳までに決まるといいます。暑い地域で生活した人は発達し、寒い地域の方は汗腺が少なくなるのだそうです。今の子たちは親世代よりも汗腺の数が少なく、その原因の1つにクーラーが挙げられることがあります。でも、あまり無理をなさらず、体調に合わせ、ホドホドになさってくださいね。

夏の暑さも楽しめる、そんな方法をご紹介します。

140729sarasa

触っても嬉しい! 自家製氷柱冷風扇を作る

空の牛乳パックに水を入れて、氷柱を作りましょう。扇風機の前に置けば、自家製冷風扇が完成です。

【用意する物】
・牛乳パック
・水 

良く洗った空の牛乳パックに水を入れ、丸1日冷凍庫に入れ、凍らせます。完全に凍ったら、冷凍庫から取り出し、牛乳パックを剥がします。上から少し水を注ぐと、剥がしやすいですよ。

出来上がった氷をボウルの上に載せて、扇風機の前に置けば、冷たい風が頬に気持ち良い、自家製冷風扇の完成です。

畳んだバスタオルの上にボウルを置いておくと、もしもの時、安心です。小さめの冷凍庫ならば、500mlの紙パックを使用すると良いでしょう(ペットボトルは、凍ってから氷を外に出すのが少々手間です)。

応用:見た目もカワイイ氷柱花を作ろう!

湯冷ましを作って、透明な氷を作ってみましょう。中に塩化ビニールのおもちゃやハーブを入れても楽しめます。

【用意する物】
・牛乳パック
・湯冷まし
・針金
・中に入れる花など(凍っても大丈夫な物)

牛乳パックの口を開き、作りたい大きさの直方体になるように切ります。針金を引っ掛けるために左右2か所に切込みを入れておきます。

用意した針金の中央に、花の茎が落ちないように結びつけます。先ほど入れた切込みに針金の両端を引っ掛け、牛乳パックの中に吊るします(底面に花が、上は茎の切り口になります)。牛乳パックをビニール袋の中に入れ(冷凍庫で水がこぼれないようにするため)、上から、湯冷ましを注ぎ入れます。袋の口を縛って、冷凍庫へ。

1日置けば、氷柱の完成です。凍ったら水を少し注いで、氷柱の表面を溶かしながら、丁寧に牛乳パックを剥がしていきましょう。

水道水を沸騰させた湯冷ましは、不純物がないため透明な氷ができます。さらに透明度を上げたい場合は、凍らせる前に、牛乳パックの周りに気泡断熱材(プチプチ)を巻いて、ゆっくりと凍らせましょう。

節約エコ実験! 太陽光でお風呂のお湯を沸かす

真夏の車中は気温50度もする、とても暑い空間です。これを逆手に取って、今夜のお風呂のお湯を沸かしましょう。

【用意する物】
・ペットボトル
・黒か黒に近い色の袋、包める布
・自家用車
・トロ箱

綺麗に洗ったペットボトルに水を注ぎ入れます。何本か用意して、天気の良い朝、黒い袋の中に入れ、車の中に置いておきます(黒布で覆ってもOK)。すると、午後3時頃には50度以上のお湯に。これを、保温の出来る発泡スチロールのトロ箱に並べ入れ保温。夕方の入浴時に使用します。

黒色に塗ったペットボトルを、銀色の反射板になる物を敷いたトロ箱に並べ、日向において置いても同様の効果があります。

今日も頑張ったママに、重曹を使った美人の湯

さっぱりとした湯上がり、通称美人の湯こと重曹湯を手作りしましょう。

【用意する物】
・重曹 大さじ3杯

お風呂を沸かします。重曹を大さじ3杯入れて溶かせば、湯上がりが涼しい重曹湯の完成です。

重曹は、市販の入浴剤にも含まる、炭酸水素ナトリウムのことです。ふくらし粉(ベーキングパウダー)などでも、おなじみの食品添加物でもあります。お風呂に入れると、皮脂や角質を落とし、お肌がツルツルになる効果があります。また、体臭予防にも効果的なのだそうです。


牛乳パックで作った氷は、クーラーボックスで使う大きな氷としても利用できます。食用にしないのであれば、食塩を少し入れると持ちが良くなりますよ。重曹のお風呂は、古い角質を落としやすくし、肌のキメを整える作用も期待できるそうです。重曹の代わりに、ミントの葉やエッセンシャルオイルを入れたお風呂も爽やかです。

身近な物で、暑い夏を乗り切りましょう。

【参考文献】
・『夏を涼しく!おばあちゃんの知恵袋』NPO法人 おばあちゃんの知恵袋の会・著

【関連コラム】
沖縄人に学ぶ! 夏の暑さ対策3つ
子供の“熱中症”予防法3つ
夏場のベタベタ肌を解消する「ひんやりスキンケア」のコツ4つ

●ライター/*SARASA*(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする