仕事に育児に疲労困憊の夫婦が仲良くする方法3つ

【ママからのご相談】
2歳の女の子のママです。出産後、仕事の忙しい主人とはすれ違いが多く、喧嘩が絶えません。仲良くしたいと私は思っているのですが、主人は、「疲れた疲れた」と言い、寝てばかりです。出産前は仲が良かった私達、どうしたら良いでしょうか?

a 労る気持ちを全面に!

フリーライターのnanakoです。

我が家にも寝てばかりの夫がいるので、とても共感できます。ママは初めての育児に追われて大変なのですから、週末くらいは、パパと仲良く楽しく過ごしたいですよね。しかし、家族のために身を粉にして働くご主人の疲れも、理解しないといけないですし……。

夫婦が、疲労困憊状態にある中で、仲良くする方法を3つご紹介します。

140729nanako

(1)メールを活用しましょう

夜遅くまで働くパパに短いメールを送りましょう。

今日の出来事を簡単に伝えたり、「いつもありがとう」「お疲れ様」のようにシンプルで、返事のいらないメールが良いでしょう。日常生活の様子や、日頃の感謝の気持ちをこちらから伝えることで、話す時間が少なくても、話が弾むようになります。

(2)土曜日を休んでもらう日にしましょう

土曜日はゆっくり休んでもらう日に、日曜日は家族と出かけたり遊んだりして、楽しむ日にしてみてはいかがでしょうか?

土曜にゆっくり休むことで英気を養うことができます。パパも、土曜日にそっとしておいてくれるママに、感謝することは間違いないでしょう。

(3)たまにはお子さんを預けて2人きりになりましょう

ご両親や託児所にお子さんを預けて、たまにはデートをしましょう。

家でふたりでゴロゴロしたり、マッサージをし合ったりも良いでしょう。出産前のようにおしゃれをして出かければ、ママも気分転換できるはずです。

お互いに仕事や育児に大変な時期だからこそ、休息も必要です。


仕事が忙しいパパと、育児に振り回されているママが向き合えば、どちらが疲れているかの競争になってしまいます。

株式会社結婚情報センターの調査によると、『配偶者とケンカする頻度の1位は“月1~2回”』とのことですが、仲良く過ごした方が良いですよね。ママが大変なのはパパも良く分かっているはずです。

そして、ママもパパの忙しさを知っています。話しても分かり合う時間が足りない場合は、メールや気遣いをし合うことで、労りの気持ちを表現し合うことが大切です。

二人で労を労うことができれば、育児や仕事に大変な時期を、円満に乗り切れるのではないでしょうか。

●ライター/nanako(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする