夏は公園の遊具もキケン!? 子どもが“やけど”をする意外な場所と対処法

【ママからのご相談】
先日、娘を車のチャイルドシートに乗せたところ、急に泣きだしたので、「機嫌が悪いなぁ」と思いながら車を走らせ、しばらくしてから降ろしてみると、チャイルドシートの金具が肌に当たっていて、やけどのように真っ赤になっていました。幸い冷やしていたら赤味がとれたのでホッとしましたが、まさかこんなところで……と怖くなりました。

a 真夏は公園の遊具や道路のアスファルト、マンホールの蓋などにもやけどの危険が!

ご相談ありがとうございます、フリーライターのパピルスです。

娘さんのやけどが大事に至らなくて本当に良かったですね! 夏のやけどというと、花火やバーベキューなど火のあるところで起きるというイメージがありますが、実は夏の屋外には、やけどにつながる場所がたくさんあるのです。

今回は、夏に気を付けたい子どものやけどについて、お伝えしたいと思います。

140729papi02

夏のやけどはこんなところで起きている!

東京都が行った、乳幼児のやけどに関する調査『日常生活における「ヒヤリ・ハット」アンケート』によると、『火気を伴わないやけどの事例として、公園遊具・機械式駐車場等の金属部分(147件)、アスファルト(49件)』などの回答が寄せられています。

確かに、真夏の公園のすべり台や鉄棒などは大人が触っても熱いと感じますが、どれほど高温になっているのでしょうか? 調べてみると、真夏の直射日光で熱せられた遊具やアスファルト、コンクリート等の計測値が見つかりました。一部をご紹介します。

・すべり台……55度~60度
・鉄棒……56度
・ブランコ……60度
・公園のベンチ……62度
・砂場……75度
・道路のマンホールの蓋……64度
・立体駐車場の金属製の台……63度
・道路のアスファルト……約60度
・コンクリート……約54度
・黒い車のボディ……60度~80度
・車のダッシュボード……78度

測定条件や温度計など、それぞれ異なったデータですが、かなりの高温になっていることがお分かりいただけると思います。どれも身近な場所にあり、子どもが無防備に触れてしまっても、おかしくない場所ばかりです。

子どもの皮膚は薄く、やけどになりやすい!

子どもの安全ネットワーク・ジャパンによると、『大人ではお湯の場合、54度では29秒間接触するとI度からII度のやけど、60度では3秒で重症のやけどになる。また、子どもの皮膚は大人の皮膚に比べて薄いため、より低い温度で、より早く、より深いやけどになりやすい』そうですから、前述の計測値は、『やけどをするかもしれない危険な温度に達している』と考えた方がよさそうです。

子どもが、真夏の砂浜やプールサイドのコンクリート上を裸足で歩いたり、ハーフパンツや短いスカートを履いてすべり台やブランコで遊んだりしている姿をよく見かけますが、場合によってはやけどをしてしまうということ。

また乳幼児の場合は、転んだはずみに高温になっている部分に接触してしまい、素早く立ち上がれず、重症のやけどにつながる場合もあるようです。

もし、やけどをしてしまったら?

万が一やけどをしてしまったら、応急処置としてまず痛みがなくなるまで清潔な流水で冷やします。15分から30分は冷やしましょう。水ぶくれができてしまった場合には、病院へ行って適切な治療をしてもらう必要があります。

冷やしながら、直ちに病院へ向かう必要があるやけどは、“身体の表面の10%以上のやけど(子どもの場合)、幹部が白っぽい、青白いやけど”の場合です。

特に、赤ちゃんや子どもの場合、身体の表面積の10%以上をやけどすると、生命に関わると言われています。やけどの範囲が広い場合は、冷やしながら直ちに病院へ向かいましょう! 子どもの手のひらは身体の表面積の1%程度と言われていますから、目安にしてください。


日常的に利用する公園や車だけでなく、夏休みにお出かけ先で思わぬやけどをしてしまわないように、保護者は高温になる場所をしっかり頭に入れておき、子どもが無防備に触らないよう声を掛けるなど、十分気を配ったほうがよいですね。

【関連コラム】
海水浴の危険性を知り、子供をケガなく遊ばせるポイント3つ
子供の「不慮の事故」を予感させたママ達のヒヤリ体験談6選
医師目線でチェック! 信頼できる赤ちゃんの皮膚科選びのポイント5つ

●ライター/パピルス(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする