いつまでも夫に愛される妻でいる秘訣5つ

【ママからのご相談】
1歳半の娘がいる、結婚3年目の主婦です。仕事は出産と同時に辞め、今は主婦業を精一杯頑張っているのですが、最近イライラすることが多く、夫に文句を言ってしまいます。喧嘩に発展した場合、それ程大事にはなりませんが、「こんな私に夫が愛想を尽かしているんじゃないか」と、ふと不安になることがあります。心では“可愛い女”でいたいのに……。結婚生活に文句ばかり言ってしまう私は、結婚には向いていないのでしょうか?

a 大丈夫! 多くの夫婦が通る道です!

ご相談ありがとうございます。ママライターのアンジです。

夫婦円満の秘訣は“相手を思いやること”と、今や定説になっています。しかし、いつもいつも思いやってばかりはいられないものですよね。特に、結婚してすぐや、出産など、生活が一変するような出来事があると、お互いの理想と現実にあれこれとズレが生じる場合があります。そんな時に、できるだけ理想に近づけようと努力し過ぎてしまうのが人の性。

ご相談者様も、そんな多くの夫婦が通る“理想と現実のギャップを埋める時期”にきているようですので、いくらイライラしてばかりでも、“自分は結婚には向いていない”などと、諦めてしまわないでください。とは言え、この時期に夫婦仲が冷めてしまうことも多いもの。

そこで、今回は、愛され主婦になるための方法を5つご紹介させていただきます。

140717anji

(1)料理以外の家事は手を抜いてみましょう

専業主婦になると、家事を完璧にしようと努力してしまいがちですが、完璧を求めてしまうと、できなかった場合にイライラしてしまいます。また、旦那様にもつい理想を押し付けてしまいがちです。

そんな時は、家事の第1優先を料理にし、それ以外の家事はできるだけ手を抜いてみましょう。お掃除やお洗濯は手を抜いても案外気付かれないものです。但し、多くの男性は、料理には敏感です。愛され主婦になるためには、お料理で旦那様の胃袋を鷲掴みにし、他の家事は手を抜くことで、心にゆとりを作るよう心がけてみましょう。

(2)1番長く着る服に力を入れましょう

育児でバタバタしていると、つい自分のことは疎かになってしまいますよね。おしゃれもお化粧も二の次になってしまうのは当然のこと……。それを分かってはいても、おしゃれができないことにイライラしてしまうなんてことは無いでしょうか。女性が自分を着飾る理由の大半は、自分に自信を持つためです。そのため、育児中着飾れないことで卑屈になりイライラしてしまうなんてことがよくあるのです。

そんな時におススメなのが、家にいる間、1番長く着る服に力を入れるということ。今は、安くて可愛い寝間着や部屋着がたくさん出ています。月に数回しか袖を通さない外出着にお金をかけるより、毎日着る部屋着にお金をかけて、見た目も心も可愛く過ごしてみましょう。

(3)文句は1日1つだけにしましょう

1つ嫌なことがあると、2つ、3つと悪いところが見えてくるものですが、旦那様への文句は1日1つが原則。たくさん言っても直るどころか反発心を植え付けてしまうだけですので、嫌なことは1つずつ、ちゃんと直してもらえるよう、できるだけ穏やかに伝えましょう。

また、文句を1つ言った時は、ポジティブな言葉を1つ言うというルールを追加するのもおススメ。言ったことは必ず自分に返ってきますので、旦那様の良いところや旦那様への感謝を、言葉にして伝えてみましょう。

(4)スキンシップルールを作りましょう

愛され主婦でいるために、強制でも何でも、スキンシップを習慣にしてしまいましょう。私個人としましては、“行ってきますのチューやハグ”がおススメですが、“週に1度はゆっくりとした夫婦の時間を持つ”なんてルールも良いですよね。

もちろん、奥様が旦那様をずっと好きでいるための方法としても効力を発揮しますし、たまには生活とは関係の無い話で盛り上がるなど、“同居人”ではない時間を日々大切にしましょう。

(5)出来るだけ“ダメ妻”でいましょう

実際、女性でも電球は変えられますし、重いものもじゃんじゃん持ち運べます(笑)。それに、旦那様にいちいち用事をお願いするのが面倒と思うこともありますが、奥様が強くなればなる程、旦那様は奥様に頼りがちに。それを回避するために、一緒にいる時にはできるだけ頼って、時間をかけても、“頼りがいのある旦那様”を育てましょう。

離婚経験者の方数名に、“結婚生活で後悔していることは何か”を尋ねたところ、『もっと夫に頼ればよかった』という回答を多く頂きました。「きっと言えばやってくれたのに、何でも自分がやって、自分を強く見せ過ぎて、色々と疲れてしまった」ということがあるようなのです。


愛され上手は甘え上手でもあります。上手に旦那様を育てて、愛され主婦の座を手に入れましょう。また、“愛され主婦は1日で成らず”です。まずは自分なりの心の余裕の作り方を知ることが大切です。

●ライター/アンジ(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (59)
  • うーん (20)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする