上の子に横取りされてるカモ!? 小食な末っ子の食欲を増進させるコツ3つ

【ママからのご相談】
小6、小3、小1の3人の男の子がいます。問題は小1の末っ子なのですが、お兄ちゃん達が小1の頃と比べると食が細く、小柄で成長も遅いような気がします。食べるのも遅いので、お兄ちゃん達が自分の好きなおかずの時は、横から取ってしまうこともあります。私が見ている時は叱るのですが、私も忙しいので、なかなかずっと一緒にという訳にはいきません。どうしたらお兄ちゃん達みたいに沢山食べてくれるでしょうか?

a ママにとっては3人目。子供にとってはオンリーワン。

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

男の子3人、しかも、小学生となると、体力的にも精神的にもとても大変なことでしょう。お気持ちお察しします。

子育ても3人目ともなると、ついつい1番上のお子さんに下の子の面倒を見てもらって、自分はその間に家事をするという傾向があるようです。

もしかしたら、それが末っ子さんの食欲を減退させているかもしれません。

ママにとっては3人目の子供でも、子供にとってはたった1人のママであることを、いつも頭の隅に置いておきたいですね。

140703sayuri

子供からのサインを見逃さないで!

子供はいつもママの視線を感じ、自分の存在を認めて、気にかけて欲しいと思っています。心理学でいう『承認欲求』ですね。

でも、ママは自分より家事優先で、あまり構ってくれない。

そうなると、子供はママに構って欲しくてイタズラをしたり、他の兄弟と違うことをして、ママの気を引こうとします。

今回の場合は、ちゃんと食べないことで、ママに「構って!」のサインを出しているような気がします。

お兄ちゃん達が早く食べ終わり、末っ子さんの面倒を見ているようなら、1度、お兄ちゃんの役割を、末っ子さんの面倒を見ることから、家事をすることにシフトしてみてはいかがでしょうか?

例えば、早く食べ終わったお兄ちゃんにお皿を流し台まで運んでもらい、その間、ママは末っ子さんの横に座って、「今日のおかず美味しい?」と声をかけてあげる。

最初は、「早く片付けてしまいたいのに!」とイライラするかもしれませんが、5分や10分を子供の為に費やすことで、お子さんの気持ちが落ち着くなら、それに越したことは無いと、頭を切り替えてみて下さい。

比べない。一人一人の個性を認めてあげましょう

ご相談文で気になったのが、「比べると」の言葉。

同じ男の子ですし、比べたくなる気持ちも分からなくないですが、心理学的に見ると、常に比べられて育てられた子供は、自己肯定感が低く、大人になっても、常に自分と他人を比べ卑屈になったり、「自分のままではいけない」と思い込んだりする傾向が強いと言われています。

親に悪気がなくても、「お兄ちゃんは○○だったのに……」は禁句です。

同じ兄弟でも性格が違うように、成長速度が違うのも個性だと受け入れてあげましょう。

温かい汁物で胃腸を動きやすく、食べる姿勢にも気を付けて!

食事の最初に温かい汁物を胃に入れると、消化器官の活動が活発になり、食べる量が増えると言われています。

成長期ですから、豚汁等の具だくさんのお味噌汁を食卓に。

そして、食べる時に猫背になっていると胃腸が圧迫され、量も食べられませんし、消化吸収も悪くなってしまうので、正しい姿勢で食べているかも要チェックです。


これから暑くなってきますが、冷たい物ばかりに偏らないよう気を付けて、可能な限り、ママも一緒に食卓についてあげましょう。

【関連コラム】
我が子とよその子を比べてしまう親心を払拭する方法
上の子と下の子……どっちを叱る? 兄弟喧嘩の対応法3つ
愛情不足な子供が親に示すサインとは?

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする