若くして結婚出産することのメリット・デメリット

【女性からのご相談】
先日検査をしたら、妊娠していることが分かりました。これをキッカケに大好きな彼と結婚しようと思ってます。でも、友達にはまだ若すぎると言われて少し心配になってきてしまいました。若いうちにママになるメリットやデメリットがあったら教えて下さい。

a やっぱり一長一短。大切なのは決意です。

ご質問ありがとうございます。女子力ママ専門家の*RUI*です。

芸能界を見てよく思うことですが、若くして結婚をする女性が増えてきているように思います。妊娠をキッカケに若くして結婚に踏み込んだのは、実は私も同じ。

130105rui

そこで実体験を元に、若くして母になることのメリットデメリットをご紹介します。

やり残した事がいっぱい!

10代から20代にかけて、やりたい事、やっておかなければいけない事はとても多いものです。大人として自由に経験を積む独身時代を失うので、「あれやっておけば良かった」「これはまだやり足りないのに」という思いは強いように思います。

でも、第二の人生もチャンス有り!

やり残した事が多いとはいえ、育児がひと段落する第二の人生で、やれる事が多いのがメリットでしょうか。実は出産や育児をすると、女性の脳は使命感や意欲が湧きあがり、何かをやらずにはいられなくなるらしいのです。だから、育児の隙間を縫って「やり残した事」の為の下準備をしていく事も苦にならないんだとか。

風当たりが厳しいことも。

若いママが増えているとはいえ、まだどうも敬遠されがち。「危なっかしい」「子供が子供を育ててる」なんて思われてしまう事は最低限覚悟しておかなければいけません。また、年上のママ友達が多くなると、自ずと上下関係が頭を過ぎって気を遣う場面も。

だからこそ、見返せる!

若いと侮られたぶん、昔ながらの知恵や知識、一般的なマナーなどを身に付けておくと、若さとのギャップから周りの評価は格段に上がります。また、授業参観などでは他の子供達に羨ましがられることも。

比較的、収入が少ない。

若いママの場合、年の差婚でない限り、旦那の収入やお互いの貯蓄が少ないのも否めない事です。共働きを考えるとしても、経験を積むべき時期を育児に費やすことになるので、若いママが良い就職に就くのはなかなか難しい時代になってきました。

節約は若いママの得意分野!

収入に関するデメリットゆえ、若いママには節約上手な方が多いんです。独身時代が短い分、金銭に関しては我慢強い傾向にあるのかもしれません。執念の賜物とも言えますね。

精神的に不安定になりがち。

若さや経験不足ゆえに、不安や心配になることは、年相応に結婚したママさんよりも多いように思います。上記に上げたデメリットが引き金になって、ますます気が滅入ってしまうこともあるかもしれません。

体力的に有利なことが多い!

若くして出産すると産後の戻りが早かったり、子供と一緒に活発に行動できる場面が多いです。一概には言えませんが、実の親もまだ若かったりと育児の協力を得やすいので、両親を上手に頼って、精神的な不安定も解消できると理想的ですね。


いかがでしたか?

年齢的なメリット・デメリットはそれぞれあるものの、出産すれば誰もが「お母さん初心者」です。

他人と比べて不安や心配に思うことも沢山あるかもしれませんが、家庭と子供を守りぬく決意があれば、乗り越えていく事ができるはず! と、私はそう思います。

●ライター/*RUI*(マルチクリエイター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする