幼少期のアウトドア経験が子供に与える影響とは

【パパからのご相談】
小学生の子供2人と夏休みの計画を立てているのですが、アウトドアの話をすると妻が露骨に嫌そうな顔をします。アウトドアがキライというわけではないのですが、なんとなく億劫だそうで……。なんとか妻の重い腰を持ち上げることが出来るような、「アウトドアのメリット」話はありませんか?

a アウトドアを経験することにより、子供は豊かに成長する。

ご相談ありがとうございます。ママライターの亜依です。

アウトドアというと、真っ先に思い浮かぶものが「準備と後片付け」です……。

子供の着替えを用意したり、買い物に走り回ったり。またそれを片付けることを考えると、奥さんの腰が重くなるのも納得。

まずは、「俺も手伝うから」という姿勢を見せることが、奥さんの腰を持ち上げる一番の手立てです。

二番目は、「君抜きで子供とキャンプをしても楽しくない」という言葉でしょうか?

140701ai

外でこそ、コミュニケーション能力は育つ

最近の子供は、外で遊ぶ機会がとても少なくなっています。

ゲーム機ひとつあれば、いくらでも時間を潰すことが出来るので、出て行く必要がないのです。

外で遊ばないまま成長すると、「他人との関わり合いが非常に苦手」「相手を認めない」「争いを起こす」という結果が出ていると、環境先進国・スウェーデンの大学教授は発表しています。

外で子供を遊ばせないことは、犯罪者を育てていると言われているようなものですよね。

コミュニケーションは、人と人との関わり合いや経験によって育まれるもので、家の中にいては決して育つことがありません。

子供の成長にアウトドアは必要不可欠!

この大学教授は、アウトドアを楽しんでいた子供は「体力に自信がある」「得意な教科が多い」「環境問題に関心がある」と言っています。

また「問題を解決する力」と「生きる力」があるのだとか。

脳について研究している大学教授も、アウトドアを楽しむことにより、前頭葉が活性化するとおっしゃっています。

前頭葉は「考える」「我慢する」「人の気持ちを考える」「意思決定する」といった人間らしさを司る大切な部分。

脳をトレーニングするためにも、自然の中で遊びましょう。

ストレスフリーになれる

大人も子供も大きなストレスを抱えて生きています。

自然は、ストレスを分解してくれる物質で溢れています。

「あわただしい現実を忘れ、ストレスを開放しに行こう!」と前向きに奥様を誘ってみましょう。

今は道具や食材を用意してくれているバーベキュー場や、道具のすべてを貸し出してくれるキャンプ場も多くあります。

釣った魚をその場で焼いてくれるところもありますよね。

まずは手軽なところでアウトドアを楽しみ、奥さんをハマらせ、お子さんの成長と共にアウトドアのレベルを上げていくのも良いかと思いますよ。

【関連コラム】
お友達家族と行く! 週末キャンプをリーズナブルに楽しむコツ5つ
パパかっこいい! 家族でキャンプを満喫できるBBQテクニック

●ライター/亜依(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする