子どもが喜んでやってくれる! 「初めてのお手伝い」オススメ5選

【ママからのご相談】
4歳の女の子がいるママです。最近「お手伝いをしたい」と言ってくれるようになりました。「料理をしたい」と言っているのですが、危ないのではと思い、まださせていません。夏休みにおすすめのお手伝いはありますか?

a 子どもの好奇心を育てるお手伝い。

ご相談ありがとうございます。フリーライターのmikiです。

「お手伝いをしたい」と目を輝かせる娘さんの姿を見て、ご相談者様も喜んでいらっしゃるのではないでしょうか。

以前のコラムに、『我が子の“お手伝い”を長続きさせるママテク4つ』を書きましたが、今回は、おすすめしたいお手伝いを先輩ママさんに聞きました。

140630miki

おすすめのお手伝いランキング

まずは、先輩ママさんにおすすめのお手伝いを聞き、ランキングにしました。

(1)お風呂掃除

圧倒的に多かったのがお風呂掃除。水遊びの延長のような感覚で、お風呂掃除をさせているそうです。

あくまで遊びではないので、汚れを落とした後、「綺麗に落ちたね」と確認することがポイントだそう。

(2)床の雑巾がけ

雑巾がけは、バケツに水を入れ、雑巾を濡らして絞るところからスタート。

腕力や脚力のアップにも繋がるそうです。

(3)野菜切り

野菜は、包丁を使わせるというお母さんもいれば、ピーラーで皮を剥かせるだけというお母さんもいました。

包丁を使う場合は、危険であることを知らせて、目を離さないことが大切。

(4)洗濯物を畳む

洗濯物は、タオルや自分の衣類などを畳んでもらうそうです。

(5)お米研ぎ

お米研ぎは、お米を「洗う」のではなく「研ぐ」という意味を教えるなど、食育の一環としてもおすすめだそうです。

洗濯板を使ってのお洗濯にチャレンジ

以前のコラムでは、私はトイレ掃除をおすすめしたのですが、今回おすすめしたいのは、今息子が夢中になっている「お洗濯」です。

小さいサイズの洗濯板を買ってきて、洗濯板で息子のハンカチや靴下を洗わせています。

「綺麗になったよ」と嬉しそうに私の元に来る息子は、とても満足そうで達成感を得ている様子。

お手伝いを終えたら、「○○君・○○ちゃんのおかげで助かったよ。ありがとう」という労いの言葉を忘れずに。

きっと満足そうな顔を見せてくれるに違いありません。


夏休みのお手伝いが、お子さんを一回りも二回りも大きくしてくれることでしょう。

ご相談者様も娘さんのやる気を察知して、お手伝いをお願いしてみてくださいね。

【関連コラム】
我が子の“お手伝い”を長続きさせるママテク4つ
お手伝いをする子供に育てる方法4つ
子どもにお手伝いの習慣をつけさせるアイディア5つ

●ライター/miki(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする