子供が日記をつけるメリットと上手な書き方

【ママからのご相談】
小学2年の子どもの宿題で、「毎日日記をつける」というものがあります。そう毎日特別な出来事が起こるわけもなく、同じような日々の繰り返しなのは分かりますが、あまりに中身がスカスカで困っています。皆さん、どうなさっているのでしょうか。

a 書くことを見つける力と観察力を身に付けさせよう!

ご相談ありがとうございます。ママライターの亜依です。

私の子どもには日記の宿題を出されたことはないのですが、ママ友の中には日記の宿題を出されたお子さんがいらっしゃいました。

「今日の朝食はメロンパンだった。美味しかった」と書いた次の日、「今日はサンドウィッチだった。まぁまぁだった」と書かれてあったそうです。

ページをめくってもめくっても、朝に食べたパンのことばかりを書いていたそうで、日記を見たママ友は、「恥ずかしくて死にそうだった!」と話していたことを思い出しました(笑)。

また、「○○ちゃんと○○ちゃんと○○ちゃんと遊んだ。途中で○○ちゃんと○○ちゃんが来た」という、明らかに名前で行数を稼いだだけの日記を書き続けていたお子さんの話しも聞いたことがあります。

せっかく日記をつけるのですから、「学習」の意味を込めた日記をつけてもらいたいですね。

140623ai

日記をつけるメリット

文章を書く力がつく
学校で習った漢字を活用させることができる
継続する力がつく
頭の中を整理することが出来る
1日の出来事を思い返すことで、記憶力がつく

日記は認知症予防にも用いられているそうですよ。

日記を書くポイント

良いこと尽くしの日記ですが、適当に書いていては、力は身に付きません。

教師の教育研究団体のホームページに国語の先生が記事を投稿されていました。

その記事によると、『同じような日記の内容になってしまうのは、書くことがないからではなく、書くことを見つける力や観察力が足らないのだ』と先生はおっしゃっています。

日記にテーマを与えてあげることにより、中身のある一歩レベルアップした日記を書くことが出来るようになります。

先程の日記を例にして、テーマを加えてみました。

朝に食べたパンを日記に書く子

どこのメーカーのどのパンを食べたのか
他のメーカーと比べてどうだったのか
どのような点がおいしく感じたのか

これらを書くだけでも、立派な「パン日記」になるということですね。

誰と遊んだのかを書いているだけの子

友達の良い点
どのような遊びや遊具が子どもに人気があるのか
その理由を書かせる

行数稼ぎにならず、友情が深まる日記になりますね。

ママ、パパのサポートも大切

長く続けていれば自分なりにコツが掴めるものです。

最初は大変かもしれませんが、日記のメリットを取り入れられるように親がアドバイスしてあげましょう。

お子さんが楽しく日記を書き続けられると良いですね。

【関連コラム】
苦手な作文を克服するコツ
小学生の作文の書き方のコツ5つ
読書感想文の書き方のコツ3つ

●ライター/亜依(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (58)
  • うーん (42)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする