1日中子供と二人きりのママが息抜きする方法3つ

【ママからのご相談】
朝から夜寝かしつけるまで子どもと二人で過ごすことが多く、子どもはとても可愛いけれど、ストレスが溜まります。夫は仕事が忙しく、両親も遠方に住んでいます。周りのママ友は両親や兄弟が近くに住んでいて、一日中子どもと二人きりではないみたい。私のような人は、どのように息抜きすれば良いのでしょうか?

a 独身時代からの趣味を続けよう! ママ(パパ)も堂々と息抜きできる世の中になればいいですね!

ご質問をいただき、どうもありがとうございます。女性の働きスタイル研究家のアボカドチョコです。

「子どもは可愛いけれど、一日中二人きりだと思った以上に大変」というお気持ち、よく分かります。

今の時代は核家族化が進んでいて、大家族だった昔のようにお爺ちゃんお婆ちゃん、兄弟、そして近所の人達が子どもと遊んでくれることは少なくなり、「ママ、パパのどちらかが一日ずっと一緒に過ごす」という家庭が増えています。

どんなに可愛い子どもを育てる際にも、「息抜き」って必要ですよね! 実は多くのママ(パパ)が、「息抜きしたい!」と思っているけれど、世間体もあって周囲にはその気持ちを言いにくいようです。

平日の育児時間の大半を担っているママ(パパ)が息抜きする方法を3つ調べました。

140623abokado

平日の育児の大半を担うママ(パパ)が息抜きする方法3つ

(1)一人で(またはパートナーと)、独身時代からの趣味に出掛ける

預かってくれる人がいる場合は、ある程度まとまった時間(数時間~数日まで)を自分だけのリフレッシュ時間に使う方が多いよう。

その「育児の休み時間」にすることは、「お酒を飲む」「買い物」「ドライブ」「テーマパーク、遊園地」「映画館」「カラオケ」「サイクリング」「美味しい食事」等、さまざまです。

子どもを預かってもらう人は、「パートナー」「両親」「兄弟・姉妹」が一番多いですが、家族や親戚に頼めない場合は、託児所の一時保育を活用しましょう(一時保育の利用方法については、以前のコラム『「一時保育」を利用して一人育児のストレスから解放される方法』をご覧ください)。

(2)オシャレをして子どもを連れて、遠くの「デパート」にお出かけ

都心の主要駅では頻繁に、オシャレをして、乳幼児を連れてデパートに行くママ(パパ)を見かけます。お出掛け先にデパートが選ばれる理由は、駅から直結していることも多く、雨風をしのげ、食べるものに困らず、トイレのオムツ替えコーナーが充実しているから。

男の子二人を育てるママ(パパ)には、『時々、電車に乗って買い物に出掛ける』と聞きました。

(3)子どもが寝ついた後、パートナーの帰宅後に「1~2時間」ゆっくりお風呂に入る

好きな香りの入浴剤やボディソープを買っておき、ゆっくりお風呂に入ってぼーっとする。血行が良くなって、気分も爽快! 何気ないことですが、リラックス効果大。

All Aboutによれば、「心の疲れを回復させる入浴方法」は、『39~40度のお湯に、全身の力を抜いてリラックスして20分つかる』とのこと。副交感神経が高まり、リラックスできるそうです。

湯船につかったり、ゆっくり髪を洗ったり、外出しなくても自宅で出来る一番身近なリラックス法ですね。


(1)から(3)はすべて、独身時代には誰にも気兼ねせず、自由にやっていた事柄。子育てが始まり、それが出来なくなったから、ストレスが溜まるのかもしれません。

また今回、ママ(パパ)の息抜き方法を調べたところ、多くの方が、『知り合いには言えない』と答えたことが印象的でした。

あなたの近所のママ(パパ)も独自の息抜き法を持っているかもしれません! ママ(パパ)も息抜きをしても良いのではないでしょうか?

私自身も子育てを終えた年配女性達に、『息抜きも必要よ』と言われ、慰められています。

ママ(パパ)が育児中に「つらい」と誰にでも告白でき、「ママ(パパ)だって息抜きをしなくっちゃ!」と当たり前のように言ってくれる社会になるといいですね。

【関連コラム】
「一時保育」を利用して一人育児のストレスから解放される方法

●ライター/アボカドチョコ(女性の働きスタイル研究家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする