中学受験後に子どもが無気力になるワケ

【ママからのご相談】
地元の公立中学校の評判が良くないため、息子には私立の中高一貫校を受験させました。学校の偏差値が息子のレベルより少し高く心配していましたが、無事に合格でき喜んでいました。しかし、このところ、息子が学校に行くのを嫌がったり、宿題をするよう言うと反抗したりするようになってきました。

受験までは、親子二人三脚で頑張ってきて、言うことも素直に聞いて、勉強も遅くまで頑張ってくれていたのに、今では無気力で反抗的になり別人のようです。どうすればいいのでしょうか。

a 原因はストレスと自信の低下。

ご相談ありがとうございます。プロ家庭教師佐々木恵と申します。

中学受験そのものは担当しませんが、中学受験後に無気力に陥ったために成績が下がってしまった中学生の方々の指導も、数多く行ってまいりました。

140617megumi

「自信を無くしていること」が、最大の原因

中学受験をされたとのこと、もしかすると、息子さんは小学校では成績優秀だったのではないでしょうか。

中学受験して学校へ入学すると、偏差値の高く、勉強ができる子たちが一堂に会します。同じ地域だからと集められていた小学校とは異なり、息子さんと同じくらいのレベルの子どもたちと一緒に勉強し、その中で優劣が付けられてしまうわけですから、小学校では優等生扱いだった子も、もしかしたら成績下位グループに位置づけられてしまっているかもしれません。

教育学に、『学習性無気力』という考え方があります。マイナスの声掛けを繰り返されることによって、「自分は何をやってもダメだ」と思い込み、何もしたくなくなる心理です。

特に、これまで優等生だったにも関わらず、新しい環境では“できない子扱い”を受けることで、これまで持っていた「頭のいい、勉強の出来る自分」という自己イメージが崩れてしまう……。そのショックは計り知れません。

家では「温かく接する」

加えて、優等生タイプの子は、学校で嫌なことがあっても、プライドや心配を掛けたくない気持ちから、親にあまり弱音を話さない子が多いようです。

反抗や無気力があるということは、つらい気持ちを抱えたまま抑制し、ストレスをためてしまっている可能性大。

成績が心配な気持ちはあると思いますが、勉強の話はいったん横に置き、お子さんのお話をじっくり聞いたり、勉強以外のところで褒めたり認めてあげる等、やさしい声掛けをしてあげることで、まずはお子さんの気持ちを落ち着かせてあげてください。

すぐに何かが大きく変わる、というわけではないと思いますが、受け入れてもらっていることを知ったお子さんは、徐々に気持ちが安定し、話ができるようになっていくはずです。


心配な気持ちから、お母様も何かと心が落ち着かないこともあると思います。

口には出さないけれども、お子さんも同じ気持ちかもしれません。まずはゆっくり、温かいコミュニケーションをとってみてくださいね。

●ライター/佐々木恵(プロ家庭教師)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする