一緒にいても上の空! 話を聞いてくれない夫との歓談タイムを作る方法

【相談者:30代女性】
結婚2年目、共働きです。二人の時間は夜しかないので、色々話したりしたいのですが、夫はボーっとテレビを見ていることが多く、話しかけてもいつも上の空です。何のために一緒に暮らしているのか、だんだんわからなくなってきました。子どもができても全然変わらなかったらと思うと不安でたまりません。こんな夫を振り向かせるいい方法はないでしょうか。

a ルール作りとちょっとした工夫でハッピータイムを。

脱・恋愛迷宮専門家の咲坂好宥です。

共働きとなると、二人でいられる時間は限られますよね。それなのに旦那さんが上の空とは……。お気持ちお察しします。

ただ残念ながら、旦那さんがあなたと同じようなコミュニケーションができるようになるかというと、期待できません。あ、いえ。あなたの旦那さんがダメ夫というわけじゃなくて、これはあくまでも男女の違いの話です。

140611hoshino

そもそも、男はマルチタスクが苦手

ペンシルベニア大学ペレルマン医学大学院の研究チームによる、「脳内神経細胞の接続」についての研究結果が、2013年12月に米科学アカデミー紀要で発表されましたが、これによると、男性の脳神経では、脳の前後を接続するネットワークが多いのに対して、女性では右脳と左脳の連結性が高いことがわかりました。

つまり、男性が一つの物事に集中しがちであるのに対して、女性はマルチタスキングが得意だという、これまで行動特性や解剖学的に言われていた男女の差が脳神経細胞の点でも確認されたということです。

もちろん男性、女性と言っても個人差はあるわけですが、旦那さんが平均的な男性だとすると、テレビを見ながら食事して、あなたとの会話を楽しむなんてことは、あまり期待はできなそうですね。

ストレスへの向き合い方も違う

共働きとのことで、お二人とも昼間は仕事のストレスを受けておられることと思いますが、ストレスの対処法も男女で異なると言われています。

アメリカの心理学者ジョン・グレイによると、女性はストレスを感じると、誰かにその気持ちを話して理解してもらうことで、ストレスから解放される傾向にあります。

一方、男性はストレスを感じると、一人きりで考えて解決しようとする傾向が強いと言われています。すぐ解決できない場合はその問題を放置して(苦笑)、別のことをしつつ、しばらくたってからもう一度取り組むことも多いようです。……はい、男性としてよくわかります(笑)。

旦那さんがテレビを見てボーっとしているのは、もしかしたら、問題をすぐ解決できていない状況なのかもしれませんね。そういう時はひとりにしてあげるのが一番ですが、それではいつまでたっても二人の時間を楽しめないかもしれません。

「ご歓談タイム」を作ろう

そこでオススメなのが、短い時間でもいいので強制的に「ご歓談タイム」を毎日作ることです。たとえば、「食事の時だけはテレビを消して会話を楽しむ」と二人で話し合って決めるとか。

あなたが聞いてほしいことを、ここぞとばかりに話しちゃいましょう。ここでのポイントをひとつ。多くの男性は問題解決志向型なので、解決策に話が行きがちになります。そこで、話のはじめに「ただ聞いてほしい、気持ちをわかってほしい」ということを伝えておきましょう。これだけで男性もリラックスして聞くことができますから。

お二人とも毎日忙しい中での大切な時間ですから、短くても楽しく過ごせますように。あ、食事が終わって旦那さんがそわそわしていたら、忘れずにテレビをつけてボーっとさせてあげましょうね(笑)。

【参考文献】
・『ベスト・パートナーになるために−男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた』ジョン・グレイ(著)

●ライター/咲坂好宥(脱・恋愛迷宮専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする