スキンシップが重要! 愛情不足に陥った子どもの特徴と危険性

【ママからのご相談】
10歳と7歳と2歳の子どもを持つ母親です。最近10歳の長男が抱っこを求めてくるようになり困っています。

どうしたのかと不安に思う一方、忙しいときに限ってそう言ってくるので、うっとうしくも思います。対策はないでしょうか。

a 子どもが甘えてきたら十分な対応を

こんにちは。今も長男の“抱っこ攻撃”に振り回されているメンタルケア心理士の桜井涼です。ご相談ありがとうございます。

ご飯の支度をしているときや、仕事に行かなければならないときなどにこれをされてしまうと、本当に困りますよね。

「今はムリ!」とか、「忙しいからあとで」なんて言ってしまうことが多いのではないでしょうか。

もちろん、私もその1人でした。甘えたくなる気持ちがわからないでもないので、今は好きにさせています。

愛情不足の子どもの特徴5つ

pexels-photo-large

(1)認められたい気持ち・寂しさ・不安などを感じている

子ども(特に男の子!)は、どうしてもお母さんに認められたいという気持ちが強い傾向にあります。

たとえば、参観日などで発表が終わった後にこちらを向いてきませんか? これは、お母さんから褒められたい一心で子どもが頑張っている証拠です。

特に一番上の子どもは、お母さんの姿を普段からよく見ています。

家事や小さい弟や妹の世話、それに仕事をしているから、お母さんから「自分は見てもらえていないのかも」と不安や寂しい気持ちになりがち。

抱っこ攻撃は、その気持ちを消し去るための方法のひとつなのかもしれません。

(2)わがままを言う

「抱っこして」と口に出せるうちはまだ大丈夫です。お母さんの忙しさを知っている子どもは、なかなか言い出すことができません。

そのため、お母さんを困らせることによって自分の存在を示す場合があることがあります。

「お腹が痛い」「学校へ行きたくない」など、さまざまな困りごとを言い、自分に目を向けてもらうような言動や行動を取る子もいるのです。

実際に私がそうでした。小3のころだったと思います。

私の下には3人の兄弟がいて、父は単身赴任中、母が毎日忙しくしているのを見ていて、母が大変だということは重々承知でした。

甘えたくても甘えられない気持ちが募り、「お腹が痛い」「頭が痛い」と週に3日以上訴えていました。

学校に行きたくないわけではないのですが、学校に着くと痛くなるのです。

母が病院に数回連れて行ったところ、小児科の医師に「お母さんに愛情を求めているのかもしれませんよ」と言われたそうです。

(3)悪さやイタズラをしてくる

たとえば、ママの大切な物をどこかに隠したり、わざと部屋を散らかしたりといった行動を取るのも、愛情不足に起因していると言われています。

「ママはいつも自分をないがしろにする」と感じると、わざと困らせてママの注意を引くわけですね。

この場合も、ある程度のことは頭ごなしに叱るのではなく、受け入れて優しく諭してあげるようにしましょう。

(4)“爪かみ”などのクセが現れる

爪や唇をかんだり、指をしゃぶったりといったクセが出てくるようになったら、愛情があまり子どもに伝わっていない可能性があります。

爪かみや指しゃぶりはストレスや不安から起こると言われているため、ママの愛情を求めていることが多いです。

行動だけでなく、具体的なクセの症状が出てきたら接し方を見直してみるのもいいでしょう。

(5)表情がない

このケースは、比較的深刻な愛情不足に陥っている場合が多いと言われています。

幼児期に構ってもらえなかったり、虐待を受けたりした子は感情が乏しくなる傾向にあるため、要注意です。

ただし、個性として表情をあまり変えない子どももいるので、まずは焦らずに様子を見るようにしましょう。

世間が“愛情不足”に警鐘を鳴らすワケ

man-beach-love-sand-large

このように、愛情の不足は子どもの成長に多大な影響を与えますが、具体的にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

人間は、通常3歳までに性格の基盤が作られると言われていますが、この時期に親から愛情を受けなかった子どもは、自分自身を愛せなくなります。

自分を愛せない人は、自身に強い劣等感を抱くようになり、周囲を“仲間”ではなく“敵”とみなし、常に競争の恐怖にさらされると言われています。

そうした余裕のない精神状態で過ごしていると、自己愛性人格障害やアダルトチルドレンなどに陥ったり、他者や自分を傷つけるようになり、社会で生きづらい人格へと育ってしまうのです。

さらに、虐待や愛情が不足しているような家庭で育った人は、自分の子にも同じように接する傾向があるとされているため、孫やひ孫の世代まで連鎖してしまう恐れもあります。

このような数あるリスクから、愛情不足は危険であり、子育てには十分な愛情を注ぐことが大切だと言われているのです。

子どもを愛情不足にさせないためのコツ4つ

pexels-photo-12703-large

料理に洗濯、掃除などの家事と並行して子育てをしなければならないママのスケジュールはとても多忙ですよね。

子どもにしっかり向き合う時間がない人も多いと思います。しかし、限られた時間の中で、子どもに十分愛情を伝えることはできます。

(1)8秒抱っこをする

抱っこやハグには、子どもの精神状態に安定をもたらす効果があります。また、子どもが抱っこやハグで十分に愛情を感じるのに必要な時間は8秒程度だと言われています。

そのため、子どもに愛情を伝える方法として、“8秒抱っこ”が推奨されています。

8秒なら、家事をしながらのすきま時間や出かける前の慌ただしい時間でも実践できるので、ぜひお子さんにやってあげてください。

子どもに愛情が伝わるだけでなく、ママ自身も癒やされますよ。

(2)愛情表現を大げさにする

親子の関係だと、どうしても「愛しているのは当たり前」と考えてしまい、あえて明確に伝えることをしない人が多いようです。

しかし、子どもは叱られることが多く、パパやママに嫌われないかと不安になりがち。

子どもに対する愛情は、思っているだけではなくきちんと言葉で伝えてあげるようにしましょう。

(3)褒めることを忘れないようにする

子どもは大人に比べて経験が少ないため、上手に物事をこなすことができません。そのため、思わず叱ってばかりになってしまいがちですが、叱りっぱなしはNG!

叱られてばかりいると、子どもは人格を否定されているように感じて自己肯定感が低くなるので、褒めるべきところはきちんと褒めましょう。

何でも最初はできないことだらけです。「できて当たり前」はありませんので、たくさん褒めてあげましょう。

(4)愛情表現はスキンシップで行う

子どもは、親の愛情を何より必要としています。

特に母親の愛情は十分に必要です。「欲しいものを買ってあげているし、学校行事にも参加している」そう考えているお母さんは多いことでしょう。

仕事も育児も家事もやるのは大変です。息抜きもしたいですし、自由な時間だって欲しいはずです。

しかし、大事なことは何かをもう一度考えてみましょう。子どもたちが欲しているのは、愛情です。しかも自分の存在を肯定してくれて、それがいつでも感じられることなのです。

これは、言葉だけでは表現しきれません。スキンシップ(頬ずり・抱っこ・手をつなぐ・頭をなでるなど)をしてあげて、安心感を与えてあげましょう。

愛情不足のまま大人になった人が陥りがちな病気2つ

man-person-people-emotions-large

愛情不足のまま育った人には、共通してみられる特徴があるとされています。

たとえば、両親から愛情を十分にもらえなかった人は極端に“ナルシスト”になったり、逆に自己批判ばかりする性格になる傾向があるとされています。

また、愛情をうまくコントロールできず、だれかれ構わず深い関係を求めてきたり、「この人がいないと生きられない」といった強烈な依存を見せたりするケースも多いそうです。

以下では、愛情不足で育った人が陥りがちな病気を2つご紹介します。

(1)愛情遮断障害

これは、子どもが親の愛情を十分に受けられずに育つことで起こる病気で、乳幼児に多くみられます

症状としては、栄養障害による身長や体重の未発達、手足が細いなどの身体的特徴のほかに、表情がとぼしい、頻繁にかんしゃくを起こす、ハグを嫌がるなどの精神的特徴も見られます。

主に親が精神病や知的障害を患っていることが原因で起こるとされ、子どもに十分な栄養と愛情を与えて回復を図るほか、親自身の治療も大切な療養過程となります。

(2)アダルトチルドレン

主に家族としての機能を失った“機能不全家族”で育った人に見られる症状です。正確には“アダルトチルドレン”という病名は存在しませんが、こうした環境で育った人には共通した特徴があるため、名付けられました。

アダルトチルドレンの特徴としては、とにかくマイナス思考で他人のことを過大評価し、自分のことは過小評価することが挙げられます。

また、責任感が人一倍強いがために自己の正当化も激しいとされ、物事を極端に解釈する傾向もあるようです。

愛情不足を解消しようとするNG行動3つ

pexels-photo-large

これまでさんざん「子どもに愛情を!」と書いてきましたが、愛情を与えすぎて過保護になってしまうことにも注意が必要です。

(1)子どものワガママを聞きすぎる

過保護な親にありがちなのが、子どもの要求を全部叶えようとしてしまうこと。

「あのオモチャ買って!」「今日もからあげがいい!」など、子どものおねだりはカワイイものですが、なんでも叶えようとすると、自分勝手な子どもに育ってしまいます

子どもの要求に応えることと、愛情を与えることは別モノなので、自分の中でしっかりと線引きしておくことが大切です。

(2)身の回りのことを全部やってしまう

ある程度子どもが大きくなっているのに、いつまでも洋服の着替えや学校の準備など、子どもの身の回りのことを全部やってしまうと、子どもは何もできない子になってしまいます

育児に家事と忙しいママからすれば、準備に手間取るわが子にいら立つ気持ちも分かりますが、できるだけ気長に見守ってあげるようにしましょう。

「全部親がやってくれるんだ」と頭にインプットされると、大人になっても他人任せなクセを引きずることになります。

(3)安全なことだけさせようとする

これもありがちですね。子どもが外で走ってると「危ないからダメ!」、料理のお手伝いでお皿を運ぼうとすると「落としたら大変でしょ! やめなさい!」などと、過剰に子どもの行動に制限をかけてしまうと、自分では何も挑戦しない子になってしまいます

もちろん、子どもの事故はとても怖いことなので、しっかりと目を光らせて、時には強く叱ることも大切ですが、過保護になりすぎないようにしましょう。

愛情不足で育った子は思春期に“グレる”or“ひきこもり”になる!?

PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322_TP_V

愛情不足で育った子どもが思春期を迎えると、幼児期とは違ったサインを出すようになります。

たとえば、喫煙や飲酒、夜遊びなどの不良行為や同級生をいじめたり、家庭内で暴力をふるうなどの行動をとるケースもあります。

自分の子どもがこういった行動を取った場合、「まあ反抗期だから」と放置せずに、愛情不足が原因となっている可能性も見るようにしましょう。

また、逆にストレスや不安を外に出すのではなく、内に閉じ込めてしまう子どももいます。

そういった子どもは不登校やひきこもりになったり、周囲とうまくコミュニケーションを取れなくなります。

さらに、自分の感情を主張しないことで、いじめの標的にされることもあります。

愛情を与えられなかった赤ちゃんは死ぬ!?

pexels-photo-large

子育てを語る上で欠かせないテーマである“愛情”ですが、そもそも愛情って一体なんなのでしょうか。

愛情にも恋愛感情だったり友情だったりと種類がいろいろありますが、特に子どもに対する愛情は、母性本能から生まれると言われています。

つまり人間にとって子どもに愛情を注ぐことは自然なことなのです。

しかし、現代では男女ともに働きに出るようになり、タイトなスケジュールの中で子育てをする必要があります。

そのため、愛情は持っていてもそれを子どもにうまく伝えられないケースがとても多いと言われています。

愛情が伝わらないと、子どもに性格の偏りや身体的な発達の遅れ、時には命にかかわる精神病を誘発する恐れがあります。

「愛情不足だけで病気になるなんて、甘え」と思われる方もいらっしゃいますが、昔ローマ帝国が行った実験で興味深いものがあります。

それは、“生まれたての赤ちゃんから一切のスキンシップを奪ったらどうなるのか”という内容のものです。

もちろん、ミルクを与えたり、お風呂に入れたりといった最低限のことはしますが、ママとの会話やスキンシップを一切絶ちました。

その結果、実験対象だった55人中44人が成人前に死亡したと言われています。

生き残った人に関しても、なんらかの知的障害や精神障害が見られたそうです。愛情が子どもに与える影響には、計り知れないものがあるのです。

まとめ

「子育てに愛情が必要なワケ」や「愛情不足な子どもの特徴」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

誰だって自分の子どもを愛しているものですが、意外とその思いを伝えていなかったりするものですよね。

愛情が不足すると身体的・精神的な成長に大きな影響が出ることは上で見てきましたが、日頃からきちんとスキンシップやコミュニケーションを取ることが大切です。

「本当は愛してるのに子どもに伝わってなかった」なんて状況は悲しすぎます。子どものためにも自分のためにも、愛情いっぱいの家庭にしたいですね。

【参考文献】
・『子どもの本質100 何かができたときは、お母さんに見てほしい』高濱正伸・監修/花まる学習会・編

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)
●追記/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする