タンスの奥から出してガッカリ! 洋服の黄ばみを落とす方法3つ

【ママからのご相談】
最近とても暖かくなってきたので、子供の半袖の衣服も出しておこうと、一年ぶりに押入れの奥から去年しまっておいた服を取り出しました。きれいに洗濯してからしまっておいたはずなのに、いくつか黄色いシミができてしまいました。お気に入りの服だっただけに、諦めきれません。なんとかきれいにしたいのですが……。

a いつもの洗濯に、もう一手間。

ご相談ありがとうございます。ママライターのマフィーです。

もう、だんだんと夏物衣服にシフトしていく季節になりました。毎年のことながら、主婦にとっては負担の多い衣替え。ただでさえ面倒なのに、気に入っていた洋服に黄ばみを発見してしまっては、テンションは下がるばかりです。

そもそも黄ばみって?

黄ばみの原因は、衣類に残った皮脂汚れが空気中の酵素と結びついて酸化されること。

半分に切ってしばらく置いておいたリンゴが、茶色く変色してしまうのと原理は一緒です。この黄ばみ、一番の問題は、普通に洗っただけではなかなか落ちてくれない点。そんな手強い黄ばみには、いつもの洗濯に一手間かけて落としてしまいましょう。

漂白剤を使った黄ばみの落とし方のポイントは3つです。

140513maffee

(1)温度

普段の洗濯は、水を使うことが多いですよね。お風呂の残り湯を洗濯に使う場合でも、前日の残り湯はもう水に近い温度のはずです。

漂白に適した温度は、約40度。少し熱く感じるくらいのお湯を使うのが効果的です。

(2)時間

一度ついてしまった黄ばみは、漂白剤を使ったとしても、普通に洗うだけでは落ちません。

時間がたってしまった黄ばみや頑固な黄ばみには、少し時間をかけることが必要です。衣類用漂白剤メーカーの『花王』が推奨するのは、洗剤と一緒に30分程度つけおきしてからの洗濯。そうすることで、漂白剤の力をいつも以上に発揮させることができます。

ただし、2時間以上のつけおきは生地の損傷や色落ちにつながるので要注意です。

(3)酸素系

様々な漂白剤が売られていますが、洗濯に適していると言われているのが酸素系の漂白剤。

塩素系の漂白剤と違い、強烈な色落ちや変色が比較的少ないので、大切な衣類に利用するときには酸素系漂白剤をおすすめします。

ご自宅にある漂白剤の成分表示を見てみてくださいね。


今回は、3つのポイントを紹介しましたが、漂白パワーをアップさせるということは、洋服に対する負担も大きくなってしまうということです。

大事な洋服であればあるほど、万が一の場合にもすぐに気づけるようにしましょう。

【関連コラム】
汚れ方別! 衣類のシミ抜き方法4パターン

【参考リンク】
家事ナビ 時間の経ったニオイや汚れをすっきり解決 黄ばみ|花王

●ライター/マフィー(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする