余計なお世話! 昔ながらの育児を押し付けてくる義両親への対処法

【ママからのご相談】
2歳&生後まもない子どもがいます。主人の両親が近くに住んでいるのですが、昔ながらの育児論を押し付けてくるので、困ってしまって……。やんわりと「今はこういう育児が良い」と伝えているのですが聞いてくれません。何か良い方法はないでしょうか。

a 第三者の意見なら、義両親も受け入れてくれるハズ!

ご相談ありがとうございます。ママライターの亜依です。

義両親に“昔ながらの育児”を押し付けられる気持ち、よくわかります。旦那さんが着用していた服や、おもちゃなどを寄越してくる義両親もいらっしゃるそうなので、ビックリしますよね。

もちろん、義両親が子どもを可愛がってくれている気持ちがわかるからこそ、ご相談者様はハッキリと言いにくいのでしょう。優しい方なのだとお察しします。

140512ai

たった5年で、育児に対する考え方は変わる

我が家の長女が赤ちゃんの時は、お風呂上りに白湯を飲ませたり、様々な味に慣れさせるために生後3か月からはお茶や果汁を与えるのが“一般的”だとされていました。

しかし、5年後に三女を出産したときの冊子には、白湯や果汁は与えなくてもよいという考えが“一般的”になっていました。たった5年で育児論が変わってしまうのですから、義両親の育児論は間違いも多いことでしょう。それがまた、ご相談者様の気持ちを苛立たせるのでしょうね。

オススメはドラッグストアの“育児相談”

義両親も子育てを経験したという自信があります。「その考えは違う!」とも言いにくいですよね。そういう時は第三者の意見を取り入れるようにしましょう。

あなたのママ友の意見というのは、義両親にとって信憑性に欠けますし、かといって育児講演会に出向くのは義両親も嫌がるでしょう。このような時は、近所のドラッグストアがベスト!

ドラッグストアではよく“育児相談”を設けています。少し検索しただけでも“スギ薬局”や“ひまわり”といった大手薬局で定期的に開催されている様子。

“スギ薬局”では育児相談だけでなく、ベビーサインや歯磨きについてなども教えていただけるようですよ。

一緒に買い物に出かけたとき、チラッと薬局に寄るフリをして、お義母さんに“今の育児に対する考え”をメーカーさんや保育士さんに諭してもらうと良いでしょう。

義両親を立てることも忘れずに

間違いを指摘されるのは誰でも嫌なものです。義両親も良かれと思ってアドバイスをしているのですから、義両親を立てることも大切。

「お義母さんに育てられたから、旦那さんは立派な人に育ったのですね。私はこういう方法が良いと思って育てているので、将来が楽しみです」と、やんわりと。

●ライター/亜依(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする