子育て中の共働き夫婦向けストレス解消法

【ママからのご相談】
こんにちは。29歳の女性です。我が家は共働きです。子どもを保育園に預けて、夫も私も朝早くから夜遅くまで仕事をしています。家に帰ってから、家事その他で戦争のように忙しく、あっと言う間に1日が終わります。毎日がこの繰り返しで、非常にストレスが溜まるのですが、どうすればストレスがより少ない共働き生活ができるのでしょうか?

a 「完璧」な子育てなど「ない」ということでしょう。

こんにちは、ミクノです。

アラフォー世代が読む雑誌で、仕事も家事も両立しているスーパーウーマン! 旦那もバリバリ仕事をして世帯年収は2,800万円! なんて記事が時々出ていますが(というか、このトーンの雑誌はこういう家族ばかりをピックアップしているから、毎号こういう「スーパーな」女性を目にしますが)、そんなの一部のごく限られた夫婦の話か、噺家並みにうまくつくられた「雑誌のマジック」ではないか? と思いますよね。

何人かのライフワークの専門家さんと話をしていたら、非常におもしろいことを言っている専門家さんがいたので、そのご意見をご紹介しつつ、お答えとしましょう。

130704mikuno

あきらめる!

ストレスを少なくして共働きをしよう(そして子どもを健やかに育てよう)と思えば、まずはあきらめることから始めてみてはどうか? という専門家のご指摘です。

・共働きをしているのだから、掃除など毎日できなくてもいいと「あきらめる」
・週に3日は、店屋物の夕飯でもしかたないと「あきらめる」
・風呂掃除など、子どもが病気にならない程度にしておけばOKであり、毎日掃除をしないでもいいと「あきらめる」
・保育園のお迎えの時間に多少遅刻してもしかたないと「あきらめる」

などなど、こういうことのようです。

完璧な子育てなど幻想である

要するに、多くの人が、子どものためにと思って「完璧な」子育てをしようと努力をしていると思いますが、まずは「完璧な」子育てなどないという発想に立ちましょう、ということでしょう。

こういう発想が、人に言われなくてもできているのは、たとえば代々商売をやっているおうちでしょう。そういうおうちには、「その家独自のやりかた」があるので、「完璧な方法」と言えば、おばあちゃんも、ひいおばあちゃんもずっとやってきた方法のことであり、冒頭に紹介したような「雑誌的なスーパーウーマン」ではない場合が多い。

もっとわかりやすく言えば、「うちは共働きなんだから、多少の不自由があっても、それを苦とは思わずあきらめなさい」と子どもに言って聞かせるといいということです。

それがわからない子どもであれば、どうするのか? については、別の項で述べる機会があれば述べます。

●ライター/ミクノトモ(作家・コラムニスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする