過保護をやめて自立した子供に育てるコツ3つ

【ママからのご相談】
はじめまして。6歳の一人っ子を育てています。ついつい子どもの世話をしてしまうのですが、あまり過保護にするのはよくないという話も聞きます。とはいえ、なかなか自分でできないのを見ていると、助けたくなりますし、急いでいるときにぐずぐずされると困ってしまうので、何でも自分でやった方が早いと思っています。

何がいけないのか教えてもらえないでしょうか。

a できるだけ子どもが自分でできるように、サポートしていきましょう。

ご相談ありがとうございます。育児書コンシェルジュの三尾です。

子どもがなかなかできないのを見ていると、イライラするのはよくわかります。急いでいると、自分でやった方が早いですもんね。とはいえ、いつまでも親が面倒を見ていると、子どもが大人になってから「自分でどのように行動していいか」わからなくなりますので、大人になって苦労することになります。

6歳ぐらいまでは、親が手伝ってあげてもいいかもしれないですが、小学生になったなら、親ができるだけサポートする側にまわって、子どもが自発的にやろうとすることを見守ることも大事ですね。

菅原裕子さんが書かれた、『子どもの心のコーチング ハートフルコミュニケーション 親にできる66のこと』(リヨン社)にも、「子どものことを支えるコツ」が多く書いてあります。

今回は、こちらの書籍からいくつかご紹介しますので、参考にしてもらえると幸いです。

140428mio

(1)子どもの仕事をとりあげない

『自分のことに責任を持つ子どもに育てるには、子どもの仕事をとりあげないことです。子どもが自分でやることを何でも親がやってしまうと、子どもは「なんでも親がやってくれるんだ」と思い、自分ですることを放棄してしまいます。例えば、学校の用意を親がしてあげていると、子どもは忘れ物をしても親のせいなのでまったく気にしません』

また、朝、親が子どもを起こしていると、寝坊した時は親のせいにします。自分で責任を持つようにするならば、学校の用意は子どもが自分でする、朝は自分で起きる、というように子ども自身にやらせてみることが大事です。

もし忘れ物をしたり、朝起きられなかったとしても、可能な限り見守ってあげることです。そうすると、自分の責任で失敗したことで、次は忘れ物をしないようにしよう、と自分で考え行動するようになります。

もちろん、「朝起きたらすぐ顔洗うと目が覚めるよ」というように、親の意見や考えを伝えてあげてもいいと思います。

(2)パパママが頑張りすぎない

子どものために親が頑張ることも大事ですが、頑張りすぎると子どもが疲れてしまうこともあります。

例えば、子どもにはいい学校に入ってもらいたいと思い、毎日勉強のサポートをするとします。子どもにはうるさく言わないにしても、子ども以上に親が頑張っていると、子どもにやる気がないときはどうしてもしんどくなってしまいます。

他にも自転車の練習に付き合うとき、親が必死にできるようにサポートしてても、子どもはなかなかできない。でも、親が頑張ってるからなんとかしなきゃと思う。しんどくなければいいのですが、この期待がプレッシャーに変わってくると辛くなってきますよね。

そんなときは、パパママも力を抜くことが大切です。親が力を抜くことで、子どもも力が抜けて楽になります。

「やる気が出ないときがあってもいい」「できないことがあってもいい」力を抜くと、逆に子どもものびのびできて、うまくいくこともあるんじゃないでしょうか。

(3)子どもへの期待

頑張りすぎると、それが子どものプレッシャーになりますが、期待をかけないこととは違います。「期待=プレッシャー」ではありません。

親が子どもに期待をかけるのは当たり前ですよね。逆に、子どもに、「将来は自分の好きなようにしたらいいよ」と期待せず適当に話をしていると、子どもは「期待されていないんだ」とマイナスに感じることになります。

期待されているとわかれば、その期待にこたえようとしたり、反対する意思を示したりと、子どもが選択して反応できますので、過度な期待によるプレッシャーがなければ、子どもの将来に期待してあげてくださいね。


いかがでしたでしょうか。

私も子どもがかわいいし、大きな期待もあるので、ついつい手を出してしまいますが、そこは子どものために我慢してみるように心がけています。

そして、子どもが「自分でできた」ときは、しっかりと褒めてあげるようにしています。

一度、お子さんのやることを見守ってみてはいかがでしょうか。

●ライター/三尾幸司(育児書コンシェルジュ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする