OSが「Windows XP」のパソコンを使い続けるとどうなる?

【女性からのご相談】
30代の主婦です。ただでさえ家計が厳しいのに、夫が「OSのサポートが切れるから、パソコンを買い換えたい」と言っています。確かに我が家のパソコンは、5年以上前に購入した古いものですが、まだまだトラブルもなく使えるのに、買い換えることに納得がいきません。どうしても買い換える必要があるものなのでしょうか? セキュリティソフトを入れてもダメですか?

a サポートの切れたOSを使い続けるのは危険! 今すぐ買い換えを検討して。

こんにちは。ご相談ありがとうございます。日々PCを使って仕事をしている、在宅ワーカーの川中利恵です。

5年以上前に購入された、サポートの切れたOSとのこと。おそらく、2014年4月9日にサポートが終了した「Windows XP」というOSを搭載したPCを使用されているのだと推察します。

“OS”とは、PCを動かすベースとなるソフトのことです。我が家にも、ちゃんと動く古いWindows XPのPCが数台ありますが、現在は使用していません。

結論から言えば、「Windows XP」のPCであれば、すぐに買い換えるか、OSの入れ替えが必要です。

140424kawanaka

セキュリティリスク10倍以上! ウイルスの温床に

自宅にカギはありますか? 当然ありますよね。

OSのサポートでは、使い心地の改善などだけでなく、見知らぬ誰かに開けられてしまう可能性のあるカギを取り替え、補強してゆく役割も担っています。

それがなくなればどうなるのでしょう。所有者本人が知らないうちに、悪意のある人でさえ「出入り自由になる」のです。

セキュリティソフトを入れていなければ、インターネットに接続したとたん、どんどんウイルスに感染してしまい、あっという間にウイルスの温床となってしまいます。

そんな場所に、住み続けられますか?

個人情報の流出だけじゃない! 知らないうちに加害者になることも

インターネットに接続しないから大丈夫! と思う方もいるかもしれません。

でも、ウイルス感染の経路はさまざま。USBメモリやSDカード経由でも感染します。

現実問題として、他の機器やUSBメモリなどの記録媒体を接続しないで使用する事は、ほとんどないのでは? また、個人情報は扱わないから大丈夫! というわけでもありません。知らないうちにあなたのパソコンが、見知らぬ人のデータを抜き取り、犯人へ情報を送信し続けていたら……? ぞっとしませんか?

こんなふうに、知らないうちにウイルスの踏み台にされ、加害者になってしまうことも、すでに起こっているのです。

どうしてもWindows XPを使い続けたい方へ

セキュリティソフトの中には、Windows XP継続対応をうたう製品が複数あります。

しかし、どんなに強固なセキュリティソフトでもOSの穴を防ぐことはできません。また、プリンターなどの周辺機器を追加したくても、対応する物がなくなっていくでしょう。

確かに、PCは安くありません。しかし、Windows XPを使い続けるリスクはそれ以上。

仕事で使うのであればなおさら、万が一のときには責任を問われ、多大な賠償金を請求されることもあります。


ちなみに、「Windows XP」のサポート終了と同時に、「Office2003」シリーズのサポートも終了しています。

WordやExcelなどのアプリケーションを使用されている場合も、注意が必要です。

PCスキルに自信があれば、最新のOSを購入するか、無償のOSを入手し、入れ替えることもできます。

しかし、最新のOSを使うためには、OSに適した性能がなければ動作しません。最近では、中古のPCもずいぶん安くなり、OS単体で購入するよりも安価に購入できます。なるべく早く買い換えすることを強くオススメします。

【参考リンク】
サポート終了に伴うセキュリティのリスク|Microsoft

●ライター/川中利恵(在宅ワーカー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする