妊娠28週頃には準備を! 出産後の入院生活で必要なモノ

【女性からのご相談】
妊娠28週目に入った妊婦です。今回、初めて出産を迎えるのですが、入院時に持っていると便利な物などはありますか? 実際に経験のある方のお話が聞きたいです

a 自分のものを優先的に準備しましょう!

こんにちは。出産入院時、余計なものを持っていきすぎたメンタルケア心理士の桜井涼です。ご相談ありがとうございます。

出産のための準備を早いうちに揃えておくことは、とても大切なことです。

若い頃、病気や怪我で何度も入院経験のある私は、「普通の入院と同じ準備で大丈夫」と高をくくって失敗しましたので、今回は、出産経験のある方々からの取材と、私自身の経験をもとに、出産のための入院で本当に必要だと感じたものをお話したいと思います。

まず、出産予定の産院で準備物の紙をもらったことと思います。

これは必ず必要ですので用意しましょう。

140422ryo

赤ちゃんのために使うもの

出産すると、病院で赤ちゃんに必要なものは、ほとんど用意してくれます。

こちらで用意するのは、肌着と退院時に着せる服くらいです。

必要性を強く感じたのは、「赤ちゃん用の爪切り」です。すぐに爪がのび、顔を触るたびに傷を作ってしまいます。我が子の時は、そんな知識なんてなかったので、お祝いで頂いたミトンをはめましたが、爪は切ってあげた方が絶対にいいです(産院で入院準備の用紙には記載がありませんでしたが、後から助産師さんに言われました)。

「育児日記」など、記録しておくノートなどを持っていっておくことで、授乳や排便の記録をつけられます。書くことで育児を実感できますし、思ったことを書くことで心の中を整理することができます。

お母さんが使うもの

(1)産後用の下着(ショーツ)

おへそまで来るものが絶対に必要です。悪露が結構出ますので、おむつのようなナプキンをします。

そのためには、これくらい大きなパンツでないと漏れてしまいます。それに帝王切開の場合でも傷に触ることがありません。

(2)円座

出産後に役立ちます。サクサクするような中身のものだと、安定感があり会陰切開をした人は楽です。それだけでなく、腰痛がある場合にも活躍します。

(3)おっぱいケア用品

ミルク派も母乳派も絶対に使います。柔らかめの授乳ブラは当然揃えるでしょうが、母乳パッドは必要不可欠です。赤ちゃんの泣き声に反応して母乳が出てしまうことが結構ありますので、パッドは大目に持っていくと助かります(オキシトシンというホルモンの影響で起こる現象です)。

(4)保湿対策品

産院は思った以上に乾燥しています。リップクリームなどの乾燥対策のものと、飲み物は常に手元に置きましょう。

その他のアイテム

「携帯の充電器」は忘れやすいので、あらかじめ準備をしておきましょう。予備を購入して、バッグに詰めておけば安心です。

出産後にいろいろ書類を受け取りますので、それをしまっておける「クリアファイル」のようなものがあると便利です。なくしてしまったら大変ですので、一か所にまとめておけるようにしましょう。

陣痛時にも喉が渇きます。寝ながら飲むことができるように「ペットボトルキャップストロー」があると便利です。どのタイプでも使えるタイプの物を購入しましょう(私の周りの出産経験者は、みんな一様にこれがあればよかったと言います)。


28週を過ぎると、いつ入院を言われるかわかりませんから、早めに準備が必要です。

病院で言われるものは、基本的なものだけですから、用意するときに「あると自分が楽なもの」を考えて準備するといいのではないでしょうか。

入院は短くて5~7日間です。その短い期間を快適に過ごせるようにすることと、できるだけキャリーケース1つに収まるように準備すると、持ち運びが楽です。

【関連コラム】
妊娠28週までに準備しておきたい出産入院グッズ

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする