出生前診断を受けることに対する賛成・反対意見

【ママからのご相談】
39歳の専業主婦です。妊娠12週目に入り、新型出生前診断を受けるつもりです。初めての妊娠で、高齢出産と言われる年代ということもあり、診断の結果を知るのがとても恐いのですが。もし、胎児に異常が分かり、産むか産まないかの選択を迫られたら、どうすればいいか頭が混乱しています。こんな私に、ご意見をお聞かせください。

a 中絶「しない」「する」の意見分かれる。「診断を受けない」という選択も。

こんにちは。ママライターのKOUです。

妊娠初期に、母親の血液で胎児の染色体異常の有無を調べる「新型出生前診断」が昨年(2013年)春の開始から1年ほどたちました。

この診断は、35歳以上など、ハイリスクの妊婦らの中で検査を希望する場合に実施されます。流産の心配がなく、診断の精度も高いと言われていますが、相談者さんのお悩みに、簡単に答えを出すことは難しいと思います。

私自身も、ちょうど高齢出産といわれる年代で1人目を産みました。当時は、羊水検査など「出生前診断」についての知識もほとんどなく、医師からも検査について奨められることもありませんでした。結果的に、異常なく子供が生まれてくれたので、安心したわけですが……。

もし、そのとき、生まれた子が「ダウン症」と告げられていたら、どうしていたのだろうと考えると、……正直、生んだことを後悔していた自分がいたのではないか、と思うところもあります。

また、新型出生前診断が始まる前年の2012年には、プロゴルファーの東尾理子さんが妊娠15週で、母親の血液で調べる「クアトロテスト」検査を受けたことをブログで公表したことが話題になりました。東尾さんは、82分の1の確率で赤ちゃんがダウン症の可能性がある、と言われたものの、確定診断となる羊水検査を受けずに出産という選択をされました。

では、実際に新型の診断を受けた方は、どのような判断をされているのでしょうか?

新聞の報道によると、検査開始から半年間で、新型出生前診断を受けた約3500人のうち、67人が陽性と判定され、そのうち、羊水検査などで診断が確定した56人の9割以上が、人工妊娠中絶を選んだそうです。

これらの結果などから、胎児の異常を理由とする中絶が広がり、生命の選別につながると指摘する声も上がっています。

そんな中、これから妊娠を希望される女性や、2人目を考えているママさんたち(35歳以上)30人に新型出生前診断についてご意見をうかがいました。

140418kou

(1)『診断を受けたい。(異常が確定しても)なるべく中絶はしたくない』

「診断を希望。異常が確定しても、なるべく中絶は避けたい」と答えた方は10人でした。

理由は次の通りです。

『出生前診断は賛成。事前に(異常があることが)分かれば、心の準備ができる』
『産まれてくる子は私の子。中絶はできない』
『不妊治療中。命を授かったら絶対に産みたい』

(2)『診断を受けたい。(異常が確定したら)中絶を優先的に考える』

「診断を希望。異常が確定したら、中絶の方向で進めたい」と答えた方は6人でした。

理由は次の通りです。

『一生、障害を背負って生きていくことを考えると子供が可愛そう』
『上の子と比べてしまって、産んだことを後悔しそう』
『育てる自信がない』

(3)『診断を受けない』

「診断を受けない」と答えた方は5人でした。

理由は次の通りです。

『事前に異常が分かれば、中絶を選んでしまいそう。なので、あえて診断は受けたくない』
『与えられた命なので、全て受け入れるつもり。診断は必要ない』
『何のための診断なのか考えるべき。今は、中絶するかしないかを決める検査になっているのでは』

その他の意見

『診断を受け、陽性が出たとしても、(羊水検査などの)確定診断は受けないで出産を待つ』
『妊娠していないので、考えられない』
『もし診断を受けて陽性になった時点で、夫や両親と相談してから(確定診断を受けるかどうかも含め)決めたい』

などが、ありました。


参考になりましたでしょうか。

プレジデント社によると、海外では最近、ダウン症胎児の「出生前“治療”」について、「知的な面で障害を軽くする、出生前治療が可能になるかもしれない」という研究報告が出てきたそうです。

胎児に大きな先天異常が見つかった場合、今は何もしないで出産を待つか、その子をあきらめるか、2つの選択肢しかないですが、胎児手術は「第3の選択肢」になり得ると言います。

いつの日か、「新型出生前診断」も、ダウン症の子供が治療を受けるための検査になるかもしれない、という話です。

命に関わる問題は、それぞれの方々の人生観や倫理観などによって捉え方も違うかと思います。相談者さんも、いろいろな意見を踏まえながら、ご家族とよく相談されて決めてくださいね。

【関連コラム】
妊娠初期の不安を払拭する方法
新型出生前診断でわかる赤ちゃんの疾患と結果の捉え方

●ライター/KOU(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (26)
  • うーん (12)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする