小学校のPTAを退会する前に家族で考えるべきこと

【ママからのご相談】
小学生の娘を持つ母親です。公立小学校のPTAが自由参加という記事を読みました。役員をやりたくないので退会しようと考えています。その場合、どんな事が起こる可能性があるのでしょうか

a 残念ながら、まだPTA退会の理解度は過渡期。戦う勇気が必要かも。

こんにちは。PTA生活10年目を迎え、また今年も役員をすることになった、ライターの川中利恵です。ご相談ありがとうございます。

おっしゃるとおり、公立小中学校のPTA参加は基本任意です。東京都港区のサイトでは、「町会やPTAの強制加入は違憲」であり、もちろん村八分は許されないと明言されています。

140417kawanaka

退会の前に、親として考えて欲しいこと

個人的には、「嫌だ」「面倒くさい」などの理由でPTAを辞めたい、という方に、退会はオススメしません。

役員をやりたくないのは誰しも同じです。一見、楽しんで引き受けているように見える方々も、家庭の事情や仕事を抱え、PTA活動のための時間を苦心して捻出しています。

そんな方々に、「自分の子どもは守られているのだ」という事実を、今一度考えてみてください。

PTAを退会したら実際どうなる?

完全に地域や学校によって異なります。問題なく退会が受理されることも、なかなか辞めさせてもらえないケースもあるでしょう。

また、自分の子どもたちが不利益を被る可能性についても想定しておいてください。

親同士や、近所のコミュニティで後ろ指を指されることもあるかもしれません。残念ながら、人の口に戸を立てることはできないからです。

これらの過激なケースについては、以前AERAなどでも特集されていました。万が一の場合は、弁護士さんに相談してみるのもひとつの手です。

退会する理由を明確にして、ポリシーを貫く!

確固たる信念があるのならば、外野の声に臆することはありません。退会しましょう!

ただし事前に、「なぜPTAに加入しないのか」などを家族で話し合う必要があるでしょう。家族全員が納得して「PTAに入らない」というポリシーを貫く方が、何かあっても子どもが理解できますし、結果的に有意義となるはずです。

ただし、PTA会費でまかなわれる行事を行う学校は多々あります。その際、平等に対応してもらうためにも、実費は払ったほうがいいと、個人的には考えます。PTAは、限られた予算で活動を行っています。どんなに立派なポリシーがあろうと、「お金は一切払わず、プラスは手にしたい」だけだと思われてしまう可能性が高いためです。

親がPTAに所属していなくても、参加費や記念品費を支払うことで、楽しくPTA行事に参加できる空気ができるといいなと心から願っています。

いっそのこと、自らがPTAの体制を変えるという手も

ママ友を作らない主義のためか、私個人に限っていえば、小中学校のPTAは大変ですが平和です。

保育園時代、長きにわたり、父母会費が園長の私用に流用していたことが発覚したことがありました。中身を確認せず、言われるがまま運営し、誰も指摘してこなかったツケです。

結局、私たちの学年で役員たちが園長たちと何度も話し合いをし、園の父母会規約を改定しました。誰もが参加しやすく、かつ負担にならない費用で運営できる形に改革したのです。

つまり、幹部になれば、自らPTA改革を行うことも可能です。


ようやく、PTAの強制加入が違憲であることが認知されつつあるようで、一部の学校では、入学時や入学前にPTAの規約や加入届を渡され、加入非加入を選べる学校も増えつつあります。

それでも、残念ながら実情を顧みると、「本当に退会する必要があるのか」「そのために戦う必要があるかもしれないけれど、その覚悟はあるのか」などを、もう一度家族で話し合い、よく考えてみてください。健闘を祈ります!

●ライター/川中利恵(在宅ワーカー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする