挙式に取り入れたい! 幸せな結婚が送れるというヨーロッパのおまじない4つ

【女性からのご相談】
もうすぐ挙式を控えているOLです。ジューンブライドということで、6月を選びましたが、そのほかに幸せな結婚ができるジンクスってありますか

a ヨーロッパに伝わるサムシング・フォー。

ママライターの小竹三世です。ご相談ありがとうございます。

この季節は結婚式シーズン。

特に6月はジューンブライドでもあるので、挙式に招待されたり、自身の結婚を控えた方も多いのではないかと思います。

幸せな未来を願い、永久の愛を誓う。

「花嫁が、生涯幸せな結婚生活を送ることができる」と語りつがれているヨーロッパのおまじないをご紹介します。

140417odake

(1)Something Old(サムシングオールド=なにか古いもの)

「祖先から受け継がれた幸せ、富みの象徴を」表し、これから始まる新生活を豊かに送れるように、祖先から伝えられたものを受け継ぎます。

ヨーロッパでは、祖母や母から譲られたジュエリーが一般的です。

(2)Something New(サムシングニュー=なにか新しいもの)

「これから始まる2人の真っ白な未来そのもの」

新たな生活が幸せなものになりますように、との願いを込め、新品のものを身につけます。

挙式当日に新しく使用するものならば何でもOK。

ウエディングドレスからシューズまで、他に、お化粧道具やハンカチなどを入れる小さなポーチなどでも花嫁らしくて良いと思います。

(3)Something Borrow(サムシングボロウ=なにか借りたもの)

「経済的に豊かになるための隣人愛」の象徴を意味し、幸せな結婚生活を送っている人から幸運をわけてもらうことを表します。

既に幸せな結婚をされている友人などから、当日結婚式で使用した身の回り品、例えばベールや手袋、ハンカチなどを借りましょう。

(4)Something Blue(サムシングブルー=なにか青いもの)

「青い鳥」に代表されるように、青は幸せを呼ぶ色、忠実・信頼を象徴する色。

聖母マリアのシンボルカラーとして知られています。また、「花嫁の清らかさと誠実な愛情」を表しており、花嫁 の純潔や貞操、清らかさを表すことから、「サムシングブルー」は人目につかないよう身につけるものがいいとされています。

ガーターに青のリボンを飾るのがポピュラーですが、最近では、指輪の内側にブルーサファイヤを入れたり、ブーケの中にさりげなく青い花を入れたりしています。


マザーグースの詩の中にも歌い込まれている、4つの何か(Something)。

花嫁が結婚式当日に身に着けていくと、必ず幸せな結婚生活を送ることができると詠い伝えられています。

ヨーロッパでは、200年以上も前より語り継がれている、花嫁さんもゲストの方も幸せになれるというおまじないです。是非、取り入れてみてはいかがでしょうか。

●ライター/小竹三世(キッチンライフアドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする