妊娠出産時にもらえる助成金7つ

【ママからのご相談】
先週、妊娠がわかったばかりで悩んでいます。ろくに貯金もない上に共働き(お互い正社員として勤務)で、生活がやっとの状態です。妊娠がわかったのに、今後の生活が不安で手放しに喜べません

a 様々な機関からの助成金が出ます。妊娠中に準備を進めましょう!

こんにちは。助成金を活用して出産したメンタルケア心理士の桜井涼です。ご相談ありがとうございます。

妊娠とお金の問題は、切っても切り離せないですよね。私も第一子の出産と時は、貯金もなく、出産費用をどう捻出しようかと考え、ストレスから切迫流産になりました。ですから、心配になるお気持ちが、よくわかります。

でも、大丈夫です。国や市町村からの助成金を活用することと、生活の仕方を工夫することで乗り切ることが出来ます。

夫婦が協力し合えば、出産して子育てもできます。

140416ryo

もらえる助成金の情報を集める

まずは、母子手帳をもらいに役所へ行くと思います。その時に助成金の話をしてくれますし、パンフレットや申込み用紙も、もちろん貰えます。ですが、“今から”住んでいる市町村の助成金情報をある程度知っておくと安心です。

今は、インターネット上で公開していますので、しっかりと確認してみましょう。聞き慣れない言葉もあるかもしれませんが、そんな時はプリントアウトしておくと便利です。

助成金のいろいろ

現在は正社員としてお勤めとのことですので、どのような助成が受けられるかを下記に書いてみました。

(1)妊娠届(各役所へ)

妊婦健診無料券がもらえますから、お金がかかる検診時に活用しましょう。

(2)出産育児一時金(自分が加入している健康保険へ)

子供1人につき42万円が受け取れます。これを直接病院に払うこともできます。

その際は、病院で手続きを。

(3)医療費控除(各税務署へ)

家族全員で1年間に支払った医療費の合計が、10万円(年間所得が200万円以下なら、所得の5%)あれば、還付申告を3月に行うことで、お金が戻ってきます。

(4)児童手当(各役所へ)

出産後、3歳までは月に1万5000円、それ以降は月1万円が、4か月ごとに受け取れます。手続きは住んでいる地域の役所へ。

(5)乳幼児の医療費助成(各役所へ)

住んでいる地域によって、○歳までとか、中学卒業までといった具合に変わってきますが、医療費が戻ってきます。これも手続きが必要です。

(6)出産祝金(会社から)

退職・休職する場合は、会社からもらえるところもあります。

(7)育児休業給付金(会社で手続き)

産休・育休を取る場合は、この申請を忘れずに。

会社からもらえるものは就業規則に書かれています。上司に確認する前に、就業規則に目を通しておくと、煙に巻かれないで済みます。

夫婦でするちょっとした生活の工夫

生活がやっととのことですが、節約できるところは必ずあります。

小さい節約(食費を切り詰めるなど)よりも大きい節約をしてみましょう。例えば、車だったら普通車から中古の軽自動車に変えることが節約になります。

また、家賃の安いところに引っ越すことも節約になります。その際も引っ越し費用があまりかからなくて済む近い場所にするといいでしょう。小さな節約では、外食を減らすことやコンビニでの買い物を極力減らすなどがあります。

収入を増やすために、フリーマーケットに参加したり、不要品をリサイクルショップに売ったりするのもいいでしょう。自宅の中にある、もう使っていない物やもらったけど使わない物、洋服など全てが現金化できます。

ネットオークションを利用するという手もありますので、実践してみましょう。


子どもは、天からの授かり物。とても素晴らしい奇跡です。

どうしようと悩んでばかりですと、お腹の子どもにも「生まれたらいけないのかも」なんて余計な心配を与えてしまいます。ポジティブに、楽しく生活することを前提として、夫婦で協力し合いながらお金の問題を解決していきましょう。

私も切迫流産とお金の悩みを乗り越え、今は二児の母をやってます。ポジティブに考えて、妊娠中に助成してもらえるお金の手続きは、どんどんしていきましょう。

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (16)
  • うーん (5)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする