産後うつにならないためにできる対策とは?

【ママからのご相談】
10月に男の子を出産しましたが、主人の帰りが夜遅いため、ほぼ一人で子育てをしているのですが、なかなか寝付いてくれないときや、授乳してもオムツを替えても抱っこしても泣き止まないときにはイライラしてしまい、自分の子供なのにもうイヤ! かわいくないと思ってしまうことがあります。

でも後になって、そんなことを思った自分を後悔するのですが……。私は母親として失格なのでしょうか?


ご出産おめでとうございます。1か月過ぎたところなので、産後の肥立ちをよくするために身体を休める必要のある時期。一人でお子さんと接しているということは疲れが大きいのだと思います。

母乳が足りていないから泣いているのかな? 成長は問題ないかしら? 泣きやまないけどどうしよう。どんなお母さんも一度は心配になったことがあることだと思います。

夫が知る必要のある、産後に変化している女性の体のコト』でも書いたように、産後は女性ホルモンのバランスが急激に変わるため、体や心にさまざまな影響が出ます。

不眠や頭痛、イライラ、肩こり、腰痛、貧血や眩暈、体のだるさ、頻尿、子育ての悩み、罪悪感や不安感、意味もなく涙がでる、夫へ当たる、子供がかわいいと思えないなど、身体的な症状だけでなく精神的な症状がでるのが産後うつです。

a 真面目な人や几帳面な性格の人は要注意

産後うつになりやすいのは、一生懸命頑張っている質問者さんのようなママさん。

3か月頃までの今の時期、初めてのお子さんの場合は経験すること全てが初めてで、お母さんも赤ちゃんと同じ0歳なのです。

出産後から半年くらいまでのいわゆる産褥期(さんじょくき)は、少しずつ体を回復させていくための期間なのですが、怠けているように見られたくないと無理をして症状を悪化させてしまうこともあります。

しかし、育児や家事に対して周りのサポートがあったり、子育ての悩みを相談できたり、ママが少しでも気分転換ができていれば、産後うつはおこりにくいといわれています。

121114kae

私の住む地域では、保健センターや児童館などで相談員の方に相談できる場が設けられているほか、NPO法人やこども向け商品を扱う企業など、さまざまなところで、先輩ママたちや何人も子育てをしてきたようなおばあちゃんなどに知恵を借りて休める機会があります。

近くにそういった施設がないわ、という人も今はネットの子育て掲示板やmixiなどのソーシャルネットワークなどを活用して、適度に愚痴をいいつつ、「みんな同じように思っているんだ」と思うことで、子育てに対する悩みや不安は軽減されると思います。

産後うつにならないためには、誰しもがなる可能性を秘めているのという認識を持つことも大切です。

赤ちゃんの笑顔は本当に癒されるものですが、イライラしてしまうのは体が疲れているサインかもしれません。たまには数時間だけでもご主人にお子さんをお願いして、お友達とのおしゃべりや趣味などで気分転換をしてみてはいかがでしょうか。

秋の空気を吸って腹いっぱいにしてイライラした気持ちをスッキリさせてみると新たな気持ちで赤ちゃんと接することができるかもしれません。クリスマスのイルミネーションのように質問者さんの笑顔がキラキラと輝きますように!

●ライター/kae(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする