ママの貴重な「ひとり時間」の楽しみ方5パターン

【ママからのご相談】
4月になり、息子が幼稚園に入園します。子供が産まれてからは、独身時代のように自分の趣味の時間を費やすことができなくなってしまいました。入園をきっかけに自分一人の時間が増えても、どうやって過ごせばいいか不安です。幼稚園生活に慣れてから趣味を探したいので、おすすめがあれば教えてください。


ご相談ありがとうございます。ママライターのkaeです。

相談者さんのように、妊娠・出産を経て数年が過ぎ、独身時代とは生活スタイルが変わり、趣味や時間の使い方が変化したというママは多いと思います。私もその一人です。

パルシステム生活共同組合連合会が、2013年5月に小学生未満の子供を持つ20〜49歳までの母親1000人に実施した「子育てと乳幼児に関する調査」の結果では、86%の母親がストレス解消には「自分ひとりの時間が欲しい」と答えています。

以前のコラムで、『小さい子どもを持つママが一人の時間をつくる方法』をご紹介しましたが、今回はひとり時間のリフレッシュの方法を5項目に分けてご紹介します。

140402kae

(1)美容

いつまでも若々しく、キレイなママでありたい……。

子供がいるとなかなか行けない、マッサージやネイル、エステ、美容室、フィットネスクラブなどゆっくりプロからの施しでリフレッシュできますね。

(2)運動

自宅でできるストレッチやヨガ、ジョギング、マラソン、プールなどの他にも、社交ダンスや学生時代にスポーツをしていなかった人も、汗を流して、日頃の運動不足も解消できるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

(3)創作

お料理・お菓子・ビーズや編み物、ミシンや、スクラップブッキングなど。

ワークショップに参加して、自宅で、ママ友と一緒に、無心で手先を動かし、作品を完成したときの喜びを味わうことができます。

上達してネットショップやフリーマーケットなどで販売すれば、プチ起業も可能に。

(4)掃除

部屋がキレイになると気分もスッキリしますね。キッチンやトイレなどの水回りをピカピカにするだけでも違います。

モノが多ければ断捨離、模様替えも子供がいないときはやりやすいので、季節の変わり目にリフレッシュを兼ねて行ってみてください。

(5)育む

熱帯魚や小さな生き物や草花、ガーデニングなどで日常的に土や自然に触れていると、元気をもらえます。日々成長している姿を見ることで達成感も得られます。ハーブや野菜を育てれば、良い香りに癒されますね。

自分が穏やかな気持ちになれるものを探してみよう!

テレビや映画を見たり、雑誌や本をゆっくり読んだり。ノートに文章やイラストを書き連ねるなど、まだまだたくさんあると思います。

新生活が始まるから、無理して何かを始めることはないと思いますが、自分ひとりで何を始めたらいい解らない……と迷ってしまったら、仲の良いママ友の趣味や、興味事に便乗して始めてみるのもおすすめ。

地域のサークルなどで気になる内容があれば、見学をしてみると良いでしょう。新たな出会いがあるかもしれません。


相談者さんの、気持ちが晴れやかになるような「何か」が見つかるといいな、と思います。

【参考リンク】
子育てと乳幼児に関する調査|pal system

●ライター/kae(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする