妊娠中の飲酒が赤ちゃんに及ぼす影響

【女性からのご相談】
結婚一年目です。できたら早く子どもが欲しいのですが、実はお酒が大好きで、妊娠しても止められる自信がありません。多少の飲酒なら赤ちゃんに影響はありませんか?

a 妊娠中の飲酒量に「安全値」はありません。

多くの医師や、研究者が何年にも渡って調査をしているにもかかわらず、現在のところ、どの程度の飲酒なら安全なのか、という数値は明らかになっていません。ですが、一つ明らかになっている事があります。

それは、「妊娠中の飲酒は、赤ちゃんの障害の原因になる事がある」という事です。

今日は、妊娠中の飲酒が赤ちゃんに及ぼす影響についてお話しします。

140328hill02

(1)飲酒によってどんな障害が起こるの?

母親の飲酒が原因で起こる最も重度な障害として、胎児性アルコール症候群(FAS)が知られています。軽度なものもありますが、重度になると、独特の顔貌、知的障害、多動、問題行動、年齢に対して体が小さい、などの症状が見られます。

治療法はなく、胎児性アルコール症候群の子どもは、残念ながら一生その症状を背負って生きていかなければなりません。

(2)どうして起こるの?

お腹の中の赤ちゃんは、必要なものすべてを母親に依存しています。

母親の血液が胎盤に流れ、そこから、酸素や栄養素などがへその緒を通って赤ちゃんの血液に流れ込むのです。

中には、胎盤を通過できない物質もあり、それに関しては赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。例えば、ほとんどの病原菌は胎盤を通過できないので、お母さんが病気になっても、それが赤ちゃんにうつる心配はないということです。

ですが、アルコールに関しては、お母さんが飲んだ量がそのまま胎盤を通って赤ちゃんに流れて行きます。特に細胞分裂が激しく体の器官が作られる時期、つまり妊娠初期は影響が大きく、脳の発達に大きな影響を及ぼします。その結果、先天性の障害を持って生まれて来る事になってしまうのです。

(3)どのくらい飲めば障害が起きるの?

これは明らかになっていないところで、過去の症例では、常習性ではない“時々の飲酒”で障害が起こった例もあります。また逆に、母親がアルコール依存症で毎日飲酒していても、赤ちゃんは障害を持たずに生まれて来る場合もあります。

ですが、統計によれば、毎日缶ビール4本か、それ以上の飲酒をした場合、FASのリスクが大きくなると言われています。また、同じ量を飲むにしても、毎日ビールを1本ずつ飲むよりも、週に一度一気に7本飲む方が、リスクが上がるようです。

例えば、毎日ワインをグラスに半分ずつなど、少量の飲酒の危険性に関しては、まだきちんとした結果が出ていません。

(4)「少量の飲酒なら大丈夫」という指導には根拠がない

妊娠中、どうしてもお酒が辞められない妊婦さんに、「少量なら心配ない」と指導する医療者がいますが、これには根拠がありません。安全性が確立されていない以上、このように指導するべきではありません。ですが、お酒を飲めないことが過度なストレスになり、その結果日常生活に影響を及ぼすよりは、少量の飲酒の方が確率的には安全、という見方も出来ます。

どうしてもお酒が止められない、それでも子どもが欲しいという方は、妊娠前にぜひアルコール外来などを訪れて、9か月間お酒を飲まなくても大丈夫、という自信がついてから妊娠した方が安全だと思います。

(5)過去の飲酒を気にするよりも、これからのことを考えて

もしも妊娠に気づかずに飲酒をしてしまった場合、その事を悔やむよりも、これからは飲まないようにする事の方が大切です。以前、妊娠初期のたった一度の飲酒で中絶を希望する妊婦さんとお会いしたことがありますが、それはあまりにも極端です。

少量の飲酒でも障害が起こる可能性はありますが、それは他の先天性疾患に関しても同じです。母親がどんなに注意を払っていても、残念ながら、障害を持って生まれて来る赤ちゃんはいるのです。せっかく授かった大切な命ですから、大事に育んで欲しいと思います。


お酒が好きな人にとっては、禁酒は大変な苦痛を伴うことでしょう。

これを母親になるための一つ試練と考えて、ぜひ前向きに取り組んで頂きたいと思います。

●ライター/Hillまゆ子(助産師)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする