生活感のない部屋にするためのコツ3つ

【ママからのご相談】
はじめまして。私は片付けが苦手ということはなく頻繁に行っていますが、部屋がどことなくスッキリせず生活感があふれています。部屋をスッキリ見せるコツなどありましたら教えてください

a 物の多さにかかわらず部屋をすっきり見せるコツ。

こんにちは! ライフオーガナイザーの小竹三世です。

あるインテリアショップの調査によると、7割の人が収納に悩んでいるそうです。

元々お片付けが苦手な方、一見、「片付けができているように」見えても、収納スペースがごちゃついていたり、物が多いわけではないのに……と、どこかスッキリしないという方。

「決して苦手ではないけどすっきりしない」

ご相談者様と同じように、お悩みの方も多いと思います。

解決策を求めての、片付け系の書籍やムックを複数持っている方も、多いのではないかと思います。だけど、何冊買ってもパッとしない……そう思っている方も多いのではないでしょうか。

収めたい場所のキャパシティ以上に物があれば、収まりきらないのは当たり前です。

「片付け・収納」というと、物を収めることを一番に考えがちですが、大切なのは、収納場所のキャパシティに応じて物の量を調節することです。

今年こそはすっきりしたい! と思う方に意識してほしい、「モノが増える原因と調整方法」について書きたいと思います。

140327odake

(1)色で統一感を出す

便利な100円ショップのプラスチックのカゴ。使い勝手の良い大きさに、ついつい買ってしまいますよね。そこで注意したいのが色です。100円ショップの在庫の安定感はお店によってまちまち。それで、つい置いてある色のものを適当に買っていませんか?

色を同色や同系色で揃えるだけで、見た目の印象はかなりスッキリします。

もし、どうしても異色になってしまう場合は3色までにして、バランスよく配置しましょう。

(2)数を決める

いくらカゴの色を揃えても、物が増えるたびに買い足していたら、カゴだらけになって余計にごちゃついてしまいますよね?

そのためには、持つ物の量の基準を決めることが大切です。

特に、子供グッズは油断しているとあっという間に増えてしまいます。「おもちゃはカゴいくつ分、本は棚一段分だけ」など、基準を決めておくと、はみ出した時に見直しのチャンスが判り、物であふれそうになるのを防げます。

(3)定期的な見直し

“スッキリ”を維持するのには、物の多さだけでなく、物との付き合い方も定期的に見直すことが重要です。

ママにおススメなのは、年度末や学期の終わりの時期。生活サイクルが変化するこの時に、見直しをしてみてはいかがでしょうか?


片付けは、物を収めて終わりではありません。

定期的に、自分と物との付き合い方を見直すことが、“スッキリ”を維持する重要な要素になっています。

時々、今の生活を見直して“スッキリライフ”を手に入れましょうね。

●ライター/小竹三世(ライフオーガナイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする