知っトク情報! 4人家族のスマホ料金を月2000円以内に節約する方法

【ママからのご相談】
今度中学へ進学する子どもにスマートフォンを持たせることになりました。パパと私、子どもたちと、家族の通信費が数万円になりそうでドキドキしています。なんとか節約したいのですが、なにかいい方法はありますか?

a 眠っているスマートフォンを再活用! 1台/月500円以下でネット使い放題!

ご相談ありがとうございます。IT系ライターもやっている在宅ワーカー川中利恵です。

大人はもちろん、ある程度の年齢になると、塾などの関係で子どもにも必要になりつつあるスマートフォンやケータイ。維持費用はたしかに頭が痛い問題です。

しかし、最近は「格安SIM(格安データ通信SIM)」と呼ばれる、データ通信に特化したプランが各社から続々登場しています。

必要なものは、スマホ本体だけ。必要な数のスマホ本体さえあれば、家族4人でLINEやTwitterなどを制限なく使いまくっても、月額2,000円以下という驚異的な携帯通信費も夢じゃないのです!

140318kawanaka

格安SIMってなに?

SIMカードとは、携帯電話の番号や、通信会社との契約情報を保存したICカードです。

スマホだけでなく、ガラケーにも差し込まれており、一般的にこれがなければ通話もmailなどのデータ通信もできません(端末がWi-Fiに対応していれば通信は可能)。

「格安SIM」とは、低速通信に限り提供するMVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれる「仮想移動体通信事業者」が提供するSIMカードのこと。

docomoなどの主要キャリアが提供する通信網を借りているため、その名の通り格安で、かつ、キャリアと同じエリアでデータ通信が行なえる点が最大の長所です。

格安SIMを使うためにはどうすればいいの?

各通信会社から提供されている「格安SIM」を購入し、手持ちのdocomo対応のスマートフォンに差し込むだけ! 申込み方法や設定などが終われば、あとは通常のスマートフォンとほぼ同様に使用できます。

もちろん、これまで使っていた主要キャリアとの契約は解約してもOKです。ただし、契約内容によっては解約金が高くつく場合もあるので、気をつけてくださいね。

格安SIMには一体どんなプランがあるの?

0円スタートで使用分だけ料金が発生するプランから、定額でそれなりの高速通信を可能としたプランまで多種多様! 今回は、中高生に人気のLINEなどの使用を目的とし、パケット量による使用制限のない、定額プランを中心にピックアップしてみました(2014年3月10日時点)。

現在契約している月額使用料と比較してみてはいかがでしょうか?

(1)ServersMan SIM LTE /月額490円(初期費用3,000円)/通信速度150kbps(
※短期間で一定容量の通信量を超えた場合は制限有り)

(2)b-mobile「スマートSIM」/月額934円(初期費用3,000円)/通信速度最大150kbps

(3)ASAHIネットLTE「128Kプラン」/月額748円(初期費用3,000円)/通信速度最大128kbps

(4)OCNモバイルONE/月額980円(初期費用3,150円)/通信速度最大150Mbps(※1日30MBまで。以降は最大200kbps)

格安SIMのデメリット

安くてデータ通信も仕える格安SIM。もちろんメリットだけではありません。

(1)低速帯で通信を行うため、動画や画像が多いサイトの閲覧は厳しい
(2)主要キャリアが提供している、いわゆる、ケータイメールが使えない
(3)電話番号が付かない(110番などの緊急電話が使えない)
(4)SMSによる個人認証が必要なアプリの新規登録ができない
(5)空いているスマホがなければそもそも使えない

こうしてみると、デメリットが多そうな格安SIM。でも、そこはやっぱりスマホ。それぞれに解決方法があります。

格安SIMデメリット解決法!

メールは、Gmailなどのフリーメールでできますし、050で始まるIP電話ならば、月額基本料金0円から通話できます。ただし、IP電話からでは110番などの緊急電話ができないので、注意が必要です。

また、「090」や「080」で始まる電話番号や、SMS(ショートメッセージサービス)がほしい! という場合や、一時的に高速通信を行いたいという方のために、各社が専用プランやオプションを多数そろえています。

ちなみに我が家では、電話番号付きの200kbpsプランを長女が使用していますが、LINEを利用した音声通話も問題なくできていますよ。

もし、スマートフォン本体がない! という場合は、月額2,000円で本体ごと使用できるfreebitなどのサービス利用を検討してみては?


進学や就職の季節となる毎年3月は、スマートフォン本体もかなりお買い得になっているはず。

格安SIMのメリットとデメリットを見極めて、あなたに最適なプランを見つけてくださいね。

●ライター/川中利恵(在宅ワーカー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする