妊娠中にストレスが溜まる妻へ、夫ができる3つのこと

【男性からのご相談】
先日、妻の妊娠がわかりました。毎日つわりが辛そうで、時々イライラするようで八つ当たりをされたりします。そういうことは今までなかったので、初めての妊娠生活をどう過ごして良いのでしょうか? 妊娠中の妻への接し方を教えてください。


奥様の妊娠おめでとうございます!

初めての妊娠ですから安定期に入るまでは、奥様も喜び以上に不安でいっぱいだと思います。ご主人の協力があれば、奥様の負担が随分と軽くなるのではないでしょうか。

私の二人の出産経験から、妊娠中に夫がしてくれて嬉しかった接し方についてご紹介したいと思いますので参考にしてみてくださいね。

(1)家事を少しでも協力できるよう心がける

家事の分担はご家庭によってそれぞれだと思いますが、いつもより少しだけ協力することで負担が軽くなると思います。お腹を圧迫するようなお風呂掃除や、台に乗って高いところでの作業、重いものを持つなどはさせないように気をつけましょう。

私は、「できるときにやってくれたらいいよ」とか「体が一番だから無理しないでね」という夫の言葉に何度も救われました。

(2)のんびりする時間を持ち、二人の時間を楽しむ

ストレス発散には、好きなことをして楽しむのが一番です!

赤ちゃんが産まれれば、しばらくは二人で出かけることができなくなりますので、妊娠中しかできないことを一緒に楽しんでおくことをお勧めします。妊婦時代の旅行やお出かけは、意外と良い思い出として記憶しているものですよ。遠出しなくても、近所を軽く散歩するだけでも気分転換にもなるので、体調の良さそうなときには連れ出してあげてみてくださいね。

しかし、人混みや長時間歩くと疲れますから、こまめに休憩を入れたり無理のないスケジュールで行動しましょう。徒歩10分程の距離だとしてもタクシーを使う、という配慮はありがたかったです。

(3)多少の愚痴は聞いてあげる寛容さを持つ

妊娠中は今までどおりに体を動かすことが出来ず、イライラした態度をとることもあります。言い返すときはほどほどに。「そういうものだ」とちょっとだけ我慢して、受け流すことも妊娠中の奥様を支える手助けになるでしょう。

120909kae

妊娠・子育て関連の本を読んだり、両親学級へ参加してマッサージや陣痛の痛みを和らげる方法を学んだり、妊婦検診へ一緒に行って話を聞くなど、妊娠中・産後について知ることができると思います。

そうは言っても、妊婦との生活は気疲れするものです。

仕事から帰ってきてしんどいだの痛いだの言っていたら、うんざりしてしまうのは仕方のないこと。妻も「あたしは妊婦なんだから、なんでも許されて当然!」という態度を取らずに、仕事の疲れを労う気持ちを忘れないようにすると良いですよね(私はつらいと言わずにほとんど寝てたので、夫は一人の時間を楽しんでいたようです)。

出産後、人生の大仕事を終えた女性はもちろんですが、傍で見守り続けた男性も、一緒に妊娠生活を過ごしたわけですから、経験したことのないような気疲れはあるものです。

赤ちゃんが産まれて間もないうちは、泣いたら授乳で寝不足の日々が続きます。特に産後1〜2か月は無理をしてしまうと良くないので、育児を協力するなど労わる気持ちを忘れずに過ごすようにすると良いしょう。もちろん、質問者さんも無理をして倒れないようにしてくださいね。

無事に赤ちゃんが産まれてくることを願っています!

●ライター/kae(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする