“SMARTの法則”で確実にキャリアアップする目標設定方法

【女性からのご相談】
20代のOLです。キャリアアップのために、資格取得など目標を設定しているのですが、中途半端に終わることも多いです。挫折しない設定の仕方を教えてください

a 『SMARTの法則』に基づいて設定してみましょう。

ご質問ありがとうございます。

同じ仕事をするなら、目標があるのとないのでは、毎日の充実度が違ってきます。ですが、せっかくの目標も、中途半端で終わってしまってはモチベーションも下がり、自分自身に自信が持てなくなってしまいます。

今回は、挫折しない目標設定を作るための、『SMARTの法則』を紹介します。

140224odake

『SMART』とは……

Specific=具体的、わかりやすい
Measurable=計測可能、数字になっている
Agreed upon=同意して、達成可能な
Realistic=現実的か?
Timely=期限が明確、今日やるなど

これらの頭文字をとったものです。

例えば……資格を取りたいと仮定して、SMARTの法則に当てはめてみます。

Specific=何の資格がとりたいのか?
Measurable=それを取得するのにかかる時間や費用
Agreed upon=自分で決めたことか? 他人が無理に決めたものではないか
Realistic=医師になりたいのに、医学部を出ていないのであれば無理ですよね
Timely=いつごろまでに取得するのか? など

一番のポイントになるのは、「具体的な数値で表せるか」と「自分で決めたかどうか」です。

・いつごろまでにとるのか?
・費用はどれくらいかかるか?
・勉強期間の目安は?

また、どんなに具体的な数字が出ても、人から言われてなんとなく決めた事では、モチベーションが違ってきますよね。

これらがしっかりしていればゴールもうまく思い描けるので、コツコツと目標に向かう力が出てきます。


また、目標だけに限らず、普段の会話からSMARTの法則を意識して話すようにすると、周りの印象も違ってきます。この方法は、コンサルタントが目標設定を行う時の方法として使う方法です。

目標を設定するときだけでなく、プレゼンやセミナーなど、誰かに訴えたいことを説明する時に使うと、説得力が出て、人を引き付ける事が出来ます。自分のことだけではなく、仕事上でもいろいろ応用できるので覚えておくとよいでしょう。

●ライター/小竹三世(キッチンライフアドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする