シングルマザーでも務まる? 子どもの学校でPTA役員が回ってきた時の心構え

【ママからのご相談】
小学生の子供を持つ母親です。子供の通う学校では、PTA役員を持ち回りで必ずやらなければなりません。ですが、私自身、仕事の休みをほとんど取れないので役員を避けたいのが本音です。でも、役員を避けることはできないだろうし、どうすれば良いのかわかりません。

a 役員をやるのも、避けるのも、それなりの「覚悟」が必要です。

「PTA役員」を嫌う気持ちはよくわかります。でも、子供が学校にお世話になっていると考えれば、嫌な気持ちも薄れませんか?

できることで協力する気持ちで、PTA活動に参加してみることも必要です。

140217konohana

できることで協力するという心構えが大事

これは、「役員を引き受ける、引き受けない」と言う前に、必要な心構えです。

PTA活動は、役員だけで運営していくものではありません。保護者の協力なくして、PTAは成り立っていかないものなのです。役員を受けるかどうか迷う前に、「早朝の旗振り」や「休日のバザー」など協力できることは協力する、という心構えが必要です。

(1)役員になった場合

役員の仕事を引き受けた場合は、「腹を括る」ことが必要です。

担任の先生や、PTA担当の先生方に相談しながら活動を進めていくことになりますから、それほど気負いすることはありません。また、仕事の都合などでPTA活動に参加できない場合も出てきます。そういう場合にも、他の役員に相談することが大事です。

(2)役員を断る場合

役員を断るという場合には、誰もが、「それならば、仕方ないわよね」と思う理由でなくてはなりません。

多くのワーキングマザーがいますので、「仕事を持っているので」という理由は、通用しないというわけです。よほどの理由がない限り、役員を断ることはできないと思った方がよいでしょう。

お母さん同士のつながりを持つチャンス

PTA役員やPTA活動に参加すると、お母さん同士の交流も盛んになります。このお母さんつながりは、役員を終えた後も途絶えることはありません。ここから、一生の友達が見つかる場合もあります。

事実、私自身も、このお母さんつながりから中学校の様子や仕事の情報などを多数得ながら、交友関係を充実させています。


PTA活動や、PTA役員を避けることを考えるよりも、一つの「人生経験」として捉えてみてはいかがでしょうか? 大抵は1年以内に任期は終了しますので、神経質にならないことです。

【関連コラム】
保育園の役員をやるメリットと断り方とは?
一人っ子の親や専業主婦は、幼稚園の役員を押し付けられやすい?

●ライター/此花(シングルマザーライフ研究家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする